大阪大学大学院法学研究科・法学部

大阪大学に設置される大学院研究科・学部
大阪大学 > 大阪大学大学院法学研究科・法学部

大阪大学大学院法学研究科(おおさかだいがくだいがくいんほうがくけんきゅうか、英語: Graduate School of Law and Politics)は、大阪大学大学院に設置される研究科の一つである。また、大阪大学法学部(おおさかだいがくほうがくぶ、英語: School of Law)は、大阪大学に設置される学部の一つである。

概要編集

1948年に大阪帝国大学法文学部が設立され、1949年に新制大学大阪大学が発足すると、法文学部が法経学部文学部に分離された。その後、1953年に法経学部が法学部と経済学部に分離され、大阪大学法学部が成立した[1][2]

大阪大学法学部には法学科と国際公共政策学科の2学科が設置され、法学政治学経済学などが扱われている[3]。大阪大学大学院法学研究科には附属法政実務連携センターが設置されている[4]

沿革編集

学科編集

  • 入学定員250人[6]
    • 法学科[7]
      学科目:公法学、私法学、国際関係法学、基礎法学、政治学
    • 国際公共政策学科[7]
      学科目:グローバル法学、グローバルガバナンス、グローバルエコノミー

司法試験合格率 編集

大阪大学法科大学院は、司法試験合格率65.26%、全法科大学院中、第7位(平成17年-平成29年)[8]

令和元年度司法試験では、合格率41.07%、全法科大学院中、第7位となった[9]

著名な出身者編集

政治編集

官界・行政編集

法曹編集

経済編集

マスコミ編集

研究編集

文化、芸能編集

博士号取得者編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集