メインメニューを開く

大阪大谷大学短期大学部

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 大阪大谷大学短期大学部の学是は「報恩感謝」となっていた。

教育および研究編集

  • 大阪大谷大学短期大学部には生活創造学科が設置されており、ファッション・食生活・住居・インテリア・教養総合の専攻領域のカリキュラムと、13 品目のキャリアアッププログラムが自由に組み合わせるシステムが特徴となっていた。

学風および特色編集

  • 大阪大谷大学短期大学部は京都の大谷大学などと同じ浄土真宗の教えに基づいていた。
  • 釈迦の生誕を祝う「花まつり」や「報恩講」と称した宗教的行事が行われているところに特色があった。
  • 学生の一大イベントとして、ファッションショーがあった。
  • 毎年、12月には服飾研究家の市田ひろみによる「世界の民族衣装」と称したイベントが催されていたほか、「平安の装い」と称したイベントなど旧来より服飾に関する教育や研究に力がいれられていた様子がうかがえた。
  • ニュージーランド語学研修が行われていた。

沿革編集

  • 1930年 - 大阪市住吉区(現・阿倍野区)共立通2丁目に大谷女子専門学校を設立。校地は大谷高等女学校(現・大谷高等学校)および翌1931年南御堂から当地へ移転する大谷女学校(現・東大谷高等学校)と隣接。
    • 国文科(1938年廃止)
    • 技芸科
  • 1931年 - 家政科を新設。
  • 1944年 - 数学科を新設(1948年廃止)。家政科を保健科に改称。
  • 1945年 - 保健科を家政科に復称。
  • 1946年 - 技芸科を被服科に改称。
  • 1948年 - 英語科を新設。
  • 1950年 - 大谷女子短期大学に改編。
    • 被服科
    • 家政科
    • 英語科
  • 1969年 学科名を変更する。
    • 被服科→被服学科
    • 家政科→家政学科
    • 英語科→英語英文学科
  • 1983年 富田林市にキャンパスを移転する。
  • 1989年 被服学科を生活文化学科に改称。
  • 1992年 国際文化学科を新設(学生数:130[1])。
  • 2001年 学科の改組が行われる。
    • 家政学科→生活科学科
    • 英語英文学科+国際文化学科→海外コミュニケーション学科
  • 2005年 大谷女子大学短期大学部と改められる。生活文化学科・生活科学科・海外コミュニケーション学科が統合され生活創造学科となる。
  • 2006年 大阪大谷大学短期大学部と変更。男子学生の募集が開始される。
  • 2011年度をもって学生募集を終了。
  • 2012年度をもって閉学[2]

基礎データ編集

所在地編集

  • 大阪府富田林市錦織北3丁目11番地1号

当時の交通アクセス編集

象徴編集

  • 大阪大谷大学短期大学部のカレッジマークは大学と同じものが使用されていた。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

学科の変遷編集
  • 被服科→被服学科→生活文化学科[4]→生活創造学科
  • 家政科→家政学科→生活科学科[4]→生活創造学科
  • 英語科→英語英文学科[5]→海外コミュニケーション学科[4]→生活創造学科
  • 国際文化学科[5]→海外コミュニケーション学科[4]→生活創造学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし
取得資格について編集

受験資格

認定資格

教職課程

附属機関編集

  • 図書館

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 大阪大谷大学短期大学部の学園祭は「志学祭」と呼ばれ、大学と合同で行われていた。

スポーツ編集

  • ソフトボール部が、2004年1部リーグで全国大会優勝を勝ち取るという実績をもっていた。また、バスケットボール部が関西女子学生リーグで1部昇格とインカレ出場という成績を残していた[3]

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 大阪大谷大学短期大学部には、旧来の大谷女子短期大学を含めて「成光会」と称した同窓会組織がある。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

  • 短期大学部独自のキャンパスがあった。

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 公開講座が催されていた。

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

参考文献編集

関連項目編集

出典および注釈編集

  1. ^ 1993年度版『全国学校総覧』77頁より。
  2. ^ 大谷女子大学短期大学部卒業生のみなさまへ大阪大谷大学ホームページ
  3. ^ a b c d 『大阪大谷大学短期大学部 2007』より。
  4. ^ a b c d 募集は2004年度入学生まで。
  5. ^ a b 募集は2000年度入学生まで。
  6. ^ a b c 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)65頁「大谷女子短期大学」の項より。
  7. ^ a b c d e f g h i 『OHTANI OSAKA 大谷女子短期大学 CAMPUS GUIDE1999』より

公式サイト編集