メインメニューを開く

大阪市交通局200系電車(おおさかしこうつうきょく200けいでんしゃ)は、2016年平成28年)に登場した大阪市交通局AGT新交通システム)・ニュートラム南港ポートタウン線用の車両である。

大阪市交通局200系電車
7色揃った200系電車(手前から07,06・・・01編成)
7色揃った200系電車(手前から07,06・・・01編成)
基本情報
運用者 大阪市交通局
大阪市高速電気軌道
製造所 新潟トランシス
製造年 2016年 - 2019年
運用開始 2016年6月29日
投入先 南港ポートタウン線
主要諸元
編成 4両編成
軌間 1,600 mm
電気方式 三相交流600V側面接触方式
最高運転速度 55 km/h[1]
設計最高速度 60 km/h[1]
起動加速度 3.5 km/h/s[1]
減速度(常用) 4.0 km/h/s[1]
減速度(非常) 5.0 km/h/s[1]
編成定員 166名
車両定員 205形・201形:40名
200形・202形:43名
全長 7,600 mm
全幅 2,290 mm
全高 3,170 mm
車体 ステンレス
主電動機 かご形三相誘導電動機
東洋電機製造製TDK6457-A
主電動機出力 110 kW
駆動方式 車体装荷直角カルダン駆動方式
歯車比 41:6 (6.833)
制御方式 PWMコンバータ+IGBT素子PWMVVVFインバータ制御
制御装置 東洋電機製造製 RG6030-A-M
保安装置 CS-ATC・ATO
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
201-01車内

既存車両 (100A系) の置き換えを目的として2015年6月に導入が発表された[2]。2016年度中に4両×7編成が導入され、外部塗装は各編成ごとに異なる7色(導入順にブルー・イエロー・ピンク・グリーン・オレンジ・パープル・レッド)とし、内装は公園と桜をイメージした2種類としている[2]。正面デザインは「遊び回る子ども」をイメージしている[2]。第08編成以降はランダムになっている。

2015年10月に最初の編成が南港検車場に納入[3][4][5][6]。約半年間の検査の後、3月30日に一般公募による試乗会が実施されたが[7]、検査の遅れから当初予定されていた本線での運行を、南港検車場構内のみに変更した[8]

2016年6月29日より営業運転を開始[9][10]。第02編成からは前面窓が下方向に拡大されている(第01編成は量産化改造後も前面は原型のまま)。また交通局は、第03編成以降の色を当てるクイズを行い、編成が搬入される際に正解を発表するという企画を行っていた。

一部車両は前照灯がLED。将来の6両化に備え100系103形・104形同様、200系も203形・204形は欠形式としている。第13編成は諸般の事情により欠番になった。

大阪市交通局時代にニュートラムの新型車両として投入した最後の新形式車両となった(地下鉄では30000系が最後の新形式車両)。

第14編成はOsaka Metroの出発を祝したゴールドカラー塗装となった[11]。ただし、ニュートラムのロゴは掲出せず、民営化後に合わせて「Osaka Metro」のロゴが掲出された。第17編成と第18編成は大阪総合デザイン専門学校の生徒によるデザインでラッピングされている[12][13]。第19編成以降は趣向を変えて動物をイメージしたデザインとし、第19編成はパンダ[14]、第20編成はレッサーパンダ、第21編成はトラのデザインとなっている。

2019年までの3年間で、100A系と同数の20編成が製造された。この増備により、100A系は2019年3月22日をもって運行を終了し、旧型車両の置き換えが完了した。

編成編集

200系編成表
 
形式 205形 202形 200形 201形 竣工年月 備考
区分 Mc M M Mc
車両番号 205-01 202-01 200-01 201-01 2015年11月 先行試作車
205-02 202-02 200-02 201-02 2016年10月  
205-03 202-03 200-03 201-03 2016年11月  
205-04 202-04 200-04 201-04 2016年12月  
205-05 202-05 200-05 201-05 2017年1月  
205-06 202-06 200-06 201-06 2017年2月  
205-07 202-07 200-07 201-07 2017年3月  
205-08 202-08 200-08 201-08 2017年7月  
205-09 202-09 200-09 201-09 2017年8月  
205-10 202-10 200-10 201-10 2017年9月  
205-11 202-11 200-11 201-11 2017年10月  
205-12 202-12 200-12 201-12 2017年11月  
205-14 202-14 200-14 201-14 2018年3月 民営化記念塗装
205-15 202-15 200-15 201-15 2018年5月  
205-16 202-16 200-16 201-16 2018年6月  
205-17 202-17 200-17 201-17 2018年7月 ラッピング
205-18 202-18 200-18 201-18 2018年7月 ラッピング
205-19 202-19 200-19 201-19 2018年9月 パンダ
205-20 202-20 200-20 201-20 2019年2月 レッサーパンダ
205-21 202-21 200-21 201-21 2019年2月 トラ
自重 10.8t 10.5t 10.5t 10.8t    
車内設備
定員
()内は座席定員
40 43 43 40


脚注編集

  1. ^ a b c d e 大阪市交通局南港ポートタウン線ニュートラム新型車両200系用電機品 - 東洋電機製造
  2. ^ a b c 新型車両200系を南港ポートタウン線に導入します〜南港のまちを元気に走り回る子どもをイメージした車両が南港地域を彩ります〜 - 大阪市交通局(2015年6月12日)
  3. ^ ニュートラム新型車両が南港検車場に到着しました - 大阪市交通局(2015年10月6日)
  4. ^ ニュートラム新型車両搬入(深夜運搬編) - YouTube(大阪市交通局公式)
  5. ^ ニュートラム新型車両搬入(場内入場編) - YouTube(大阪市交通局公式)
  6. ^ ニュートラム新型車両搬入(車体吊上編) - YouTube(大阪市交通局公式)
  7. ^ 大阪市 ニュートラム200系 試乗会 - 鉄道.com(2016年2月29日)
  8. ^ ニュートラム新型車両200系試乗会コース変更のお知らせ
  9. ^ ニュートラム新型車両「200系」の運行を開始しました - 大阪市交通局(2016年6月29日)
  10. ^ 「ニュートラム」200系が営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2016年7月1日
  11. ^ 「大阪メトロ」誕生! ニュートラム200系ゴールド車両がデビュー - マイナビニュース 2018年4月1日
  12. ^ 「ニュートラム」200系第17編成が営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2018年8月2日
  13. ^ 「ニュートラム」200系第18編成が営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2018年9月12日
  14. ^ ニュートラムで「パンダ」デザイン車両を運行します”. Osaka Metro (2018年9月27日). 2019年1月3日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集

ニュートラム新型車両200系デビュー!担当者がご紹介! - YouTube(大阪市交通局公式)