メインメニューを開く

大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校

大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校(おおさかしりつおおさかビジネスフロンティアこうとうがっこう)は大阪府大阪市天王寺区の公立高等学校である。愛称は英語表記 (Osaka Business Frontier) の頭文字を取ってOBF(オービーエフ)。

大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校
Osaka City Osaka Business Frontier Senior High School.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
学区 大阪府全域
併合学校 大阪市立天王寺商業高等学校
大阪市立市岡商業高等学校
大阪市立東商業高等学校
校訓 守・破・離
設立年月日 2012年4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 グローバルビジネス科
高校コード 27327K
所在地 543-0042
大阪府大阪市天王寺区烏ヶ辻2丁目9番26号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概観編集

大阪市立の天王寺商業市岡商業東商業の3商業高等学校を統廃合して設置された。これに伴い、この3校は2012年より募集を停止し、2014年春に廃校となった。大阪ビジネスフロンティア高等学校は天王寺商業高等学校の敷地に併設されるが、同時に東商業・市岡商業の2校も天王寺商業の敷地に移転し、2012年度・2013年度は1校地に4校が併設されていた。

キャリア教育に力を注ぎ、国際ビジネス社会で活躍できる人材の育成を目標としている。大阪市立大学関西大学関西外国語大学京都産業大学桃山学院大学や産業界との連携を行っており高校・大学の7年間を見据えた教育を行っている。

沿革編集

統廃合計画編集

大阪市教育委員会2004年、大学や産業界と連携して、高度な専門性を持つ商業人の育成や、高校・大学の7年間を見据えた商業教育などをおこなう新しいタイプの市立商業高等学校を、既存校の統廃合で設置する構想を発表した。2004年の時点では、具体的な統廃合対象校については未定の状態だった。また教育委員会は市立高等学校の数を減らす方針であった。

大阪市教育委員会は2007年6月、新商業高等学校の開校計画時期を発表した。発表によると、新商業高校は既存の大阪市立天王寺商業高等学校・大阪市立市岡商業高等学校・大阪市立東商業高等学校の3校を統合して、従来の天王寺商業高等学校の場所に、「大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校」として2012年4月の開校を目指すとしている(校名は2011年に決定・発表)。2012年までに新商業高校の新校舎を建設する予定となっている。

2012年4月より、市岡商業高等学校・東商業高等学校の在校生も新商業高校内の新校舎に移転し、新商業高校・天王寺商業高等学校とともに新商業高等学校の校舎を共用することが発表されている。

設置された学科は、商業に関する学科とは別の扱いとしている。募集においても別の大学科扱いである。

全商検定編集

  • この学校は、全商の大阪府本部校(連絡理事校)であり、簿記実務・会計実務・情報処理・英語の各検定の大阪府本部校でもある

交通編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集