メインメニューを開く

大阪市立科学館(おおさかしりつかがくかん)は、大阪市北区中之島にある科学館。テーマは「宇宙とエネルギー」。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 大阪市立科学館
Osaka Science Museum
Osaka science museum01s3200.jpg
施設情報
前身 大阪市立電気科学館
専門分野 科学
事業主体 大阪市
管理運営

(地独)大阪市博物館機構

(公財)大阪科学振興協会(2019年3月迄)
開館 1989年10月7日
所在地

530-0005
大阪府大阪市北区中之島4-2-1

位置 北緯34度41分28.7秒
東経135度29分29.7秒
座標: 北緯34度41分28.7秒 東経135度29分29.7秒
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

大阪市制100周年事業として、関西電力から65億円の建物設備の寄付を受けて1989年に開館した。「夢宙ときめき館」という愛称を使用していた時期もあった。

前身は、日本初の科学館であり、初めてプラネタリウムを導入した大阪市立電気科学館(開館は戦前の1937年)である。

科学館が所在する中之島4丁目にはかつて大阪大学理学部があり、後にノーベル賞を受賞する湯川秀樹中間子論を構想した。日本ではじめて天体電波観測が行われた地ともいわれ、関連する資料の収集や研究を積極的に行われている。

常設展示では参加型を中心に200のアイテムがあるほか、サイエンスショーなどが行われている。直径26.5mのドーム(世界5位)でのプラネタリウムオムニマックスIMAX)による天体の映写をはじめ、2004年7月にはプラネタリウムが、全天デジタル映像装置を組み合わせた次世代の施設としてリニューアルオープンした。2008年7月18日には展示場がリニューアルされ、1928年に東洋最初のロボット(人造人間)とされた學天則を復元した実物大の動態模型が公開された。友の会は会員1050人、ジュニアクラブで170人を擁する。科学の書籍やグッズを販売するショップとカフェを併設する。

また、収蔵資料として日本初のプラネタリウム(カールツァイスII型)や、大阪大学で使われたコッククロフト・ウォルトン型加速器、日本初の本格的化学研究所である舎蜜局(せいみきょく)についての資料、戦前からの電気計測器や電気設備に関する資料などのコレクションを持つ。また、戦前からの天文学を中心とする普及書籍・雑誌のコレクションは西日本随一である。

 
エレベーターホール
 
大阪市立科学館と国立国際美術館

なお、同科学館の建設費や改装費などに充てる目的で、大阪市が関西電力から1989年以降、72億円を超す寄付を受けていたと、2012年になって新聞各社が報道、寄付金は電気料金から支出されていることもあって、問題視されているとした[1]。しかし、科学館の前身である大阪市立電気科学館は関西電力の母体である旧大阪市電気局[2]が設立に関わっており、その歴史的関係[3]について記事では触れられていない。

建築概要編集

  • 設立― 1989年
  • 竣工― 1989年
  • 設計― 竹中工務店
  • 延床面積― 8,920.79m2
  • 敷地面積―16,086.75m2
  • 建築面積―3,165.78m2
  • 所在地― 〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-1

沿革編集

  • 1983年8月25日 - 大阪市制100周年記念事業の基本構想に新たな科学技術館の新設を盛り込む[4]
  • 1986年9月39日 - 関西電力が市制100周年事業に賛同し科学技術館の寄贈を申し出る[4]
  • 1988年1月27日 - 建設工事着工[4]
  • 1989年
    • 4月1日 - 大阪市立科学館条例設定、科学技術館の正式名称を「大阪市立科学館」に決定[4]
    • 10月7日 - 開館[4]
  • 1994年7月29日 - 第1次展示改装全面オープン[4]
  • 1999年10月7日 - 第2次展示改装オープン[4]
  • 2004年7月7日 - プラネタリウム機器リニューアル、初代機器「インフィニウムα」に代わり「インフィニウムL-OSAKA」(コニカミノルタプラネタリウム)を導入[4][5]
  • 2010年2月1日 - 大阪科学振興協会が指定管理者となる[4]
  • 2018年
    • 3月30日 - 大規模改修に伴い展示場休止[6]
    • 12月1日 - プラネタリウム休館[7]
  • 2019年3月30日 - 第3次改装オープン[8]、3代目プラネタリウム「インフィニウムΣ-OSAKA」(コニカミノルタプラネタリウム)導入[9]

館長編集

  • 中野董夫(初代、元大阪市立大学教授)
  • 宮本重徳(二代、元大阪大学名誉教授)
  • 伊藤公一(三代、元大阪市立大学教授)
  • 高橋憲明(四代、元大阪大学教授)
  • 加藤賢一(五代、元大阪市立科学館学芸員)
  • 齋藤吉彦(現、元大阪市立科学館学芸員)

交通アクセス編集

周辺情報編集

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “公表求めた大阪市にも、関電から寄付72億円”. 読売新聞. (2012年5月9日). オリジナルの2012年5月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120510112839/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120509-OYT1T00587.htm 
  2. ^ 関西電力・沿革を参照せよ
  3. ^ 大阪市立電気科学館・来歴を参照せよ
  4. ^ a b c d e f g h i 科学館の歴史 - 大阪市科学館
  5. ^ スタッフだより 第129回 スペシャルナイト「さよならインフィニウムL-OSAKA」 - 大阪市立科学館
  6. ^ 平成30年(2018年)度における (1)9月からの展示場休止、および、12月からの全館閉館 (2)「幼児向けプラネタリウム」の代替措置(「ファミリータイム」へ変更) (3)予約方法の変更(電話での先着順)のお知らせ - 大阪市立科学館
  7. ^ チアフルライター通信 大阪市立科学館が12月から休館 今のプラネタリウムが楽しめるのは11月末まで★ - HANSHIN女性応援WEB Cheer*full Cafe 2018年9月26日(阪神電気鉄道)
  8. ^ 平成31年3月30日(土曜日)大阪市立科学館リニューアルオープン! ~世界初を含む、特注仕様を盛り込んだプラネタリウムと 展示場4階の展示物を刷新!長良隕石もお披露目~ - 大阪市立科学館
  9. ^ ~さよなら平成~プラネタリウムさよならイベント&大阪市立科学館リニューアルの概要について - 大阪市立科学館

関連項目編集

外部リンク編集