メインメニューを開く

大阪市立難波中学校

大阪市立難波中学校(おおさかしりつなんばちゅうがっこう)は、大阪府大阪市浪速区にある公立中学校

大阪市立難波中学校
大阪市立難波中学校(2008年10月)
過去の名称 大阪市立浪速第一中学校
大阪市立浪速西中学校
国公私立 公立学校
設置者 大阪市
設立年月日 1947年4月1日
創立記念日 4月21日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 556-0024
大阪府大阪市浪速区塩草1丁目1番59号
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

沿革編集

学制改革に伴い、浪速区で最初の中学校として1947年、大阪市立浪速第一中学校の名称で創立した。創立当初は浪速区全域を校区としていた。開校当初は大阪市立大国小学校・大阪府立今宮中学校(現在の大阪府立今宮高等学校)の2ヶ所に仮校舎を設置していた。

翌1948年には、戦災のために廃校となった旧桜川国民学校[1]の跡地に移転した。当時の敷地は浪速区桜川2丁目1068番地(現在の桜川3丁目・大阪市営地下鉄桜川駅南側)にあった。

戦災からの復興により生徒数が増加したため、1949年には大阪市立浪速第二中学校(現在の大阪市立日本橋中学校)を設置し、区の東部を日本橋中学校校区へと分離している。

大阪市立の新制中学校について、区名と番号での校名をやめ、地名などを取り入れた学校名称へと一斉に変更されることになったことに伴い、1949年6月には大阪市立浪速西中学校へと改称している。さらに1956年には現在の校名、大阪市立難波中学校への改称をおこなっている。

1953年には浪速区西神田町799番地(現在の塩草1丁目)・旧制難波高等小学校跡に塩草分校を設置した。塩草分校には1956年、大阪市で最初の養護学級の一つでもある、知的障害児向けの養護学級が設置された。塩草分校は1959年、新設の大阪市立難波養護学校(後年に別の場所に移転。現在の大阪府立難波支援学校)に敷地を転用することになったことに伴い廃止されている。塩草分校での障害児教育の実践は、難波支援学校のルーツの1つとなっている。

また1955年には大国分校を設置した。大国分校は翌1956年、大阪市立木津中学校として独立開校した。

1962年から1965年にかけて現在地に移転している。桜川の旧校舎跡はショッピングセンターやUR都市機構桜川市街地住宅となっている。

年表編集

通学区域編集

大阪市浪速区 稲荷、桜川、塩草、湊町(一部)、芦原、木津川、久保吉、立葉、浪速西、浪速東。

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1908年に難波小学校(大阪市立難波元町小学校の前身校)より分離して創立したが、1946年大阪市立立葉小学校に統合。

関連項目編集

外部リンク編集