大阪府立市岡高等学校

日本の大阪府大阪市港区にある公立単位制高校

大阪府立市岡高等学校(おおさかふりつ いちおか こうとうがっこう、: Osaka Prefectural Ichioka High School)は、大阪市港区にある公立単位制高校。かつて併置されていた定時制課程は、日本で初めての普通科夜間中学校として創立した。

大阪府立市岡高等学校
Ichioka High School.JPG
過去の名称 大阪府第七中学校
大阪府市岡中学校
大阪府立市岡中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
併合学校 大阪府立市岡第二中学校
(大阪府立夜間中学校
大阪府立市岡夜間中学)
校訓 自彊・自主自律
設立年月日 1901年明治34年)
創立記念日 6月12日
共学・別学 男女共学
課程 高等学校#全日制の課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 27130G
所在地 552-0002

北緯34度40分2.9秒 東経135度27分58.6秒 / 北緯34.667472度 東経135.466278度 / 34.667472; 135.466278座標: 北緯34度40分2.9秒 東経135度27分58.6秒 / 北緯34.667472度 東経135.466278度 / 34.667472; 135.466278
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

前身は1901年明治34年)開校の府立7番目の旧制中学校「大阪府第七中学校」(男子校)。

創立時、大阪市西区の「片田舎」の西瓜[1]で、木造の2階建て校舎がポツンと建っていたため「田舎の学校」と言われていた。「片田舎の、名もない"市岡"だったが"自彊"の精神を支柱として、特に旧制中学20~30期において」人材を輩出[2]1916年大正5年)の第2回全国中等学校優勝野球大会(現在の高校野球)で準優勝するまでになった。

大阪湾岸エリアで海抜ゼロメートル地帯にある校地は海抜マイナス約1m。1934年昭和8年)の室戸台風1945年(昭和20年)の枕崎台風の2度、校舎が浸水する被害を受けている[3]

太平洋戦争後の1948年昭和23年)学制改革により「大阪府立市岡高等学校」(普通科)に改編され、大阪府立港高等学校(市岡高等女学校)と交流して男女共学となった。

2020年令和2年)8月、教員が新型コロナウイルス感染症に感染し、23日から25日まで臨時休校。生徒との接触など調べられている[4][5]

学生運動「日本初」占拠、凋落編集

1960年代ベトナム戦争学生運動の影響を受けて、1968年9月2日、ヘルメット姿の生徒たちが校長室を占拠した。校務分掌をめぐる校長による任命制を「校長権限強化だ」と反対したものだが、大阪府立大手前高等学校の生徒と共謀、日本で最初の高校生による学校占拠となり、この事件を機に市岡高校が日本の高校紛争の拠点となった[6]

1969年には反戦高協(反戦高校生協議会)を称する生徒たちが高校の裏門にバリケードを築くなど、1970年まで「市岡学園紛争」が続いた結果、「市岡高校の地盤沈下が始まり」[2]、大学進学や偏差値の面で「他学区[7]の4,5番手校に匹敵」する状況まで落ち込んだ[8]

長い凋落の末、1999年平成11年)の大阪府教育委員会「教育改革プログラム」に基づく府立高等学校特色づくり・再編整備計画の対象校となり、2009年度、学年制から単位制に改編された。再編整備の結果、低迷に歯止めが掛かったように見えたが、2016年度の入学者選抜(入試)では募集定員を31名も下回る志願者数。勧誘のため校長自ら各中学校に奔走したが最終的に5名の「定員割れ」となり、翌2017年の入試も一次集計では定員の82%しか志願者がおらず、人気のない状態が続いている[9][10][11]

「日本初」普通科定時制の伝統編集

全日制課程と併置の定時制課程は、前身が1933年普通課程の夜間中学校として日本で初めて開設された大阪府立夜間中学校(大阪府立市岡夜間中学、のちに大阪府立市岡第二中学校)。定時制は1998年(平成10年)に廃止されたが、定時制廃止反対運動を契機として、廃止後も「夜に学ぶ場」を何らかの形で残したいと、定時制同窓会「田龍会」が中心となり「市岡日本語教室」を発足した[12]

その後、1996年7月に運営団体「市岡国際教育協会」を設立。1998年4月、NPO法人として認可され、在日外国人向けに日本語学校を開いている[12]

沿革編集

年表編集

基礎データ編集

交通アクセス編集

鉄道編集

バス編集

象徴編集

校章編集

校章旧制中学校の「中」を表す六稜に「市岡」を図案化したもので、左右に付した三本線は「(大阪)市内第三中学[19]」を表しており、硬式野球部の帽子でよく知られている。

なお、1910年(明治43年)までは帽子白線は二本線だった[3]

ちなみに第五(尋常)中学校として創立の天王寺高校の校章は、旧制中学の「中」を表す六稜に「天」図案化したもので、左右に付した二本線は「(大阪)市内第二中学[20]」を表している。また11番目の中学校として創立の今宮高校の校章は、旧制中学の「中」を表す六稜に「今」を図案化したもので、左右に付した四本線は「(大阪)市内第四中学[21]」を表している。

校風・制服編集

比較的自由な校風で制服はなく(着用自由の標準服あり)、服装は生徒各自に任されている。しかし硬式野球部員のみ制服・制帽を着用する習慣が残っている(引退すれば私服も可)。

学校施設編集

校舎編集

現在の校舎1985年(昭和60年)に全面完成した[14]

学校行事編集

諸活動編集

部活動編集

部活動は盛ん。最近では陸上部・男子バレーボール部等が近畿大会に、文化部では吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール大阪府大会14年連続で金賞、関西大会の10度出場で金賞4度となっている[要出典]

高校関係者と組織編集

高校関係者組織編集

  • 大阪府立市岡高等学校同窓会 - 同窓会。固有の団体名は無し

著名な出身者編集

政治・行政編集

経済編集

学問編集

文化・芸能編集

スポーツ編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 市岡高校のある市岡元町は、1925年大正14年) に西区から分離され、新設された港区の所属となった。
  2. ^ a b 会長挨拶 澪標について 大阪府立市岡高等学校同窓会-澪標ホームページ-” (日本語). 大阪府立市岡高等学校同窓会. 2020年10月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 自彊百年史 (1901年~1926年) 大阪府立市岡高等学校同窓会-澪標ホームページ-” (日本語). 大阪府立市岡高等学校同窓会. 2020年10月10日閲覧。
  4. ^ “大阪で新たに134人感染 80代女性が死亡” (日本語). 関西テレビ放送. (2020年8月23日). https://www.ktv.jp/news/articles/544676a5_1621_46f0_98aa_1dd304f9c1ab.html 2020年10月10日閲覧。 
  5. ^ 新型コロナウイルス感染症に伴う非常事態宣言発令による休校期間を補うため、夏休みが短縮されていた。
  6. ^ 小林哲夫著『高校紛争 1969-1970 「闘争」の歴史と証言』(中公新書2012年
  7. ^ 大阪府では2014年まで学区制度があった。
  8. ^ 「市岡」は遂に消えるか!” (日本語). 市岡高校28期生同窓会サイト. 2020年10月10日閲覧。
  9. ^ 平成27年度終業式” (日本語). 大阪府立市岡高等学校ブログ (2016年3月22日). 2020年10月10日閲覧。
  10. ^ 同期会 ページ 22 大阪府立市岡高等学校同窓会-澪標ホームページ-” (日本語). 大阪府立市岡高等学校同窓会. 2020年10月10日閲覧。
  11. ^ 「12期の広場」3月号のラインアップ 大阪府立市岡高等学校同窓会-澪標ホームページ-” (日本語). 大阪府立市岡高等学校同窓会. 2020年10月10日閲覧。
  12. ^ a b 協会について” (日本語). 市岡国際教育協会. 2020年10月10日閲覧。
  13. ^ 官報明治33年(1900年)9月5日第5151号。大阪府第一高等女学校(現・大阪府立清水谷高等学校)、大阪府第八中学校(現・大阪府立富田林高等学校とともに認可。
  14. ^ a b c d e 自彊百年史 (1926年~1950年) 大阪府立市岡高等学校同窓会-澪標ホームページ-” (日本語). 大阪府立市岡高等学校同窓会. 2020年10月10日閲覧。
  15. ^ 官報昭和18年(1943年)4月20日 第4879号
  16. ^ 市岡夜間中学とともに、高津夜間中学、北野夜間中学も廃校となった。
  17. ^ 官報昭和18年(1943年)4月20日 第4879号
  18. ^ 市岡第二中学校とともに、高津第二中学校、北野第二中学校、今宮第二中学校も開校。
  19. ^ 大阪市内に限れば3番目の創立
  20. ^ 大阪市内に限れば2番目の創立
  21. ^ 大阪市内に限れば4番目の創立

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集