メインメニューを開く

大阪府立西淀川高等学校

大阪府立西淀川高等学校(おおさかふりつ にしよどがわこうとうがっこう)は、大阪府大阪市西淀川区にある公立高等学校である。

大阪府立西淀川高等学校
大阪府立西淀川高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
設立年月日 1978年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 27251F
所在地 555-0031
大阪市西淀川区出来島3丁目3番6号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
大阪府立西淀川高等学校の位置(大阪府内)
大阪府立西淀川高等学校

目次

概要編集

地域からの高校誘致運動を受け、府立112番目の高等学校として1978年に現在地で開校した。全日制普通科を設置し、多くの教科科目で少人数授業を導入していた。

また西淀川区がかつて公害問題で注目された地域だったという地域の背景を踏まえ、地域との連携も視野に入れた環境教育を実施していた。

学校設定教科環境」を必修として開講しているほか、「菜の花プロジェクト」として菜の花の栽培や廃油回収に取り組み、バイオディーゼル燃料を精製する取り組みをおこなっている。また近くの矢倉海岸の清掃活動に取り組んだり、「西淀川高校環境フェスタ」を開催して地域住民と交流を図るなどの取り組みをおこなっている。

学び直しなどに力を入れていたが定員割れが解消せず、大阪府教育委員会は、2016年3月26日の教育委員会議において、西淀川高等学校を大阪府立学校条例に基づき再編対象とし、2017年度から生徒募集停止とすることを決定した。そして、同年11月18日の教育委員会会議において、大阪府立北淀高等学校と再編統合されることが決定した。

2018年4月1日、北淀高等学校の校地に両校を統合した新高校である大阪府立淀川清流高等学校が開校した。今後、大阪府議会の議決を踏まえて正式に西淀川高等学校の閉校が決定される予定である。

沿革編集

  • 1978年4月1日 - 開校 。
  • 1979年6月6日 - プール竣工。
  • 1979年9月7日 - 体育館竣工。
  • 2008年 - 経済産業省からエネルギー教育実践の実施校に指定される。
  • 2009年 - 科学技術振興機構から、サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)事業の実施校に指定される。
  • 2017年 - 条例の条件に基づき生徒募集停止[1]
  • 2018年4月1日 - 大阪府立北淀高等学校と統合され、北淀高等学校の校地に大阪府立淀川清流高等学校開校。
  • 2019年3月31日 - 閉校予定。

出身者編集

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集