メインメニューを開く

大阪府第12区(おおさかふだい12く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗大阪府第12区
衆議院小選挙区 大阪府2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 寝屋川市大東市四條畷市
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 藤田文武
有権者数 344,472人
1.45 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

中選挙区制度時代は旧7区に属していた。

歴史編集

小選挙区制度導入以降、第47回衆議院議員総選挙までは自由民主党(自民党)の北川家(北川(きたかわ)石松と次男の北川(きたがわ)知克)と野党系の樽床伸二による争いが続いていた。第43回衆議院議員総選挙以降は結果が公認政党の支持率に左右される傾向にある。

第46回衆議院議員総選挙では(旧)日本維新の会が大阪府下の小選挙区のうち、公明党と選挙協力している選挙区(3区5区6区16区)以外で唯一候補者を擁立せず、みんなの党の候補を推薦するに留まった小選挙区である。当時日本維新の会の躍進が目立つ大阪府下では、2区および7区と共に数少ない自民党が議席を持つ小選挙区でもあった。なお、同選挙において自民党に敗北した民主党議員はどちらも総選挙時の内閣の閣僚であった。

第47回衆議院議員総選挙では(旧)日本維新の会が分党して発足した維新の党が候補者を擁立するものの、急な衆議院解散であったことから落下傘候補となり、樽床と票が分散かつ共倒れとなり北川知克が当選した。

第48回衆議院議員総選挙では解散直前に(旧)希望の党が結党され、民進党離党後無所属で活動していた樽床と、出馬予定であった自由党新人が希望の党に公認申請を行った[1][2]。しかし希望の党は日本維新の会との間で候補者調整に合意し、大阪府下の小選挙区に候補者を擁立しない方針を決めたため、樽床は比例近畿ブロック単独1位の候補となり、自由党新人は神奈川県第11区に国替え出馬となった。当選挙区では北川が日本維新の会の藤田文武らを破り当選した。

2018年12月に北川知克が死去したため、翌2019年4月21日第19回統一地方選挙の後半日程で補欠選挙が行われた。補欠選挙自体は当選挙区では初めてであり、大阪府下では2006年9区以来13年ぶりとなった。自民党は北川知克の甥(実兄、北川(きたかわ)法夫・寝屋川市長の次男)の北川晋平を擁立。旧希望の党解党後、無所属となった樽床と日本共産党の衆議院議員であった宮本岳志がそれぞれ議員辞職の上、無所属で立候補し、前回北川知克に敗れた藤田も立候補。自民党にとっては弔い合戦であったものの、藤田が初当選を果たし、当選挙区では初めて樽床と北川知克以外の人物が議席を獲得した。自民党にとっては、同時に行われた沖縄県第3区の補欠選挙とともに、2010年以降補欠選挙の連勝記録が追加公認を含めて8で止まり、日本維新の会にとっては前身の政党時代を含めて当選挙区では初めての議席獲得となった。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

当日有権者数:342,751人 最終投票率:47.00%(前回比:-0.50ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
藤田文武38日本維新の会 60,341票
38.5%
北川晋平32自由民主党47,025票
30.0%
公明党
樽床伸二59無所属35,358票
22.6%
宮本岳志59無所属14,027票
8.9%
日本共産党自由党社会民主党大阪府連
  • 宮本は日本共産党所属であるが、他野党の推薦を得るため無所属で立候補した。

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:344,910人 最終投票率:47.50%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北川知克65自由民主党71,614票
45.0%
――
藤田文武36日本維新の会64,530票
40.6%
90.1%
松尾正利58日本共産党22,858票
14.4%
31.9%
  • 樽床は希望の党公認で比例近畿ブロック単独で立候補し当選。

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北川知克63自由民主党68,817票
40.0%
――公明党
樽床伸二55民主党43,265票
25.2%
62.9%
堅田壮一郎28維新の党41,649票
24.2%
60.5%
吉井芳子52日本共産党18,257票
10.6%
26.5%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北川知克61自由民主党76,972票
39.9%
――公明党
石井竜馬43みんなの党49,750票
25.8%
64.6%(旧)日本維新の会
樽床伸二53民主党49,153票
25.5%
63.9%国民新党
吉井芳子50日本共産党17,006票
8.8%
22.1%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
樽床伸二50民主党119,048票
53.2%
――
北川知克57自由民主党80,847票
36.1%
67.9%
重田初江58日本共産党19,053票
8.5%
16.0%
宮崎麻美49幸福実現党4,894票
2.2%
4.1%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北川知克53自由民主党108,903票
49.6%
――
樽床伸二46民主党87,091票
39.7%
80.0%
太田久美子50日本共産党23,593票
10.7%
21.7%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
樽床伸二44民主党82,190票
44.6%
――
比当北川知克52自由民主党81,270票
44.1%
98.9%
西森洋一55日本共産党21,023票
11.4%
25.6%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
樽床伸二40民主党72,393票
38.7%
――
北川知克48自由民主党68,773票
36.8%
95.0%
西森洋一51日本共産党29,623票
15.8%
40.9%
真鍋晃篤29自由党16,178票
8.7%
22.3%
  • 北川は2003年7月に奥谷通の死去によって比例近畿ブロックで繰り上げ当選。ただし直後に衆議院は解散された。

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
樽床伸二37新進党81,284票
45.5%
――
北川石松77自由民主党57,598票
32.3%
70.9%
西森洋一48日本共産党33,263票
18.6%
40.9%
福西亮66自由連合6,400票
3.6%
7.9%

出典編集

関連項目編集