メインメニューを開く

大阪府第2区(おおさかふだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。2017年に区割が変更された。

日本の旗大阪府第2区
衆議院小選挙区 大阪府拡大枠.svg衆議院小選挙区 大阪府大阪市5.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 大阪市生野区阿倍野区東住吉区平野区
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 左藤章
有権者数 446,851人
1.88 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

2017年の区割変更までは、阿倍野・東住吉・平野の3区で構成されていた。

大阪市の南東部に位置し、ベッドタウン的な地区が大半を占めている。中選挙区制度時代は旧6区に属していた。平野区は室町時代後期から続く酒造りの盛んな旧市街、東住吉区は長居公園住宅街が、阿倍野区南部は庶民的な住宅街、同区北部は大阪市内有数の商業地(あべのハルカスなど)や文教地区が、生野区は在日韓国・朝鮮人が暮らす生野コリアタウンや中小企業の事業所が点在する。選挙区の面積は2017年の区割変更前が31.04km2(当時は全国で4番目に狭い)、変更後は39.41km2となっている。

歴史編集

古くからの下町が主体となる都市型選挙区で後述の三代左藤家が領土を名乗る地盤となってきたが、伝統的に共産党など革新政党の得票も比較的多かった。民選第4代-第6代大阪府知事である左藤義詮の子で、浄土真宗真宗大谷派の僧侶、大谷学園の理事長、法務大臣を歴任した左藤恵が長く安定した地盤を築き、娘婿の左藤章に継承された。

しかし、2005年第44回衆議院議員総選挙で左藤章は郵政民営化に反対票を投じて離党し、無所属で出馬。自民党公認で出馬した川条志嘉に敗れ、落選した。左藤と川条は2009年第45回衆議院議員総選挙で再び激突したが共に強い逆風を受け苦戦、民主党への追い風に乗った萩原仁が勝利し、初当選を果たした。

2012年第46回衆議院議員総選挙では左藤が自民党の公認を得て、前回とは党籍が変わったかつての対立候補である川条(無所属)・萩原(日本未来の党)らを破り7年ぶりに返り咲いた。一方、日本維新の会の新人林原由佳は小選挙区では左藤に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活当選により初当選を果たした。同選挙で日本維新の会の躍進が目立った大阪府下では、7区および12区と共に数少ない自民党が議席を持つ小選挙区となった。

2014年第47回衆議院議員総選挙では左藤が、千葉県第13区から国替えした維新の党の椎木保らを破り当選した。(椎木は維新の比例近畿ブロック次点であったことから、2015年大阪市長選挙に出馬を表明した近畿ブロック選出である吉村洋文の議員辞職に伴い、2015年10月8日付で繰り上げ当選を果たしている。)

2017年に当選挙区で初の区割変更が実施され、大阪府第1区の生野区が当選挙区に編入された。直後の同年秋の第48回衆議院議員総選挙では、民進党希望の党への合流並びに日本維新の会との間で大阪府下の小選挙区に候補者を擁立しない協力を受けて、民進党の当選挙区支部長であった元参議院議員の尾辻かな子立憲民主党に移籍し、日本共産党は擁立する候補者を取り下げた。選挙戦では左藤は小選挙区で当選、次点の椎木は比例復活当選できず落選、最下位の尾辻が比例復活当選で国政復帰を果たす結果となった、

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:445,924人 最終投票率:47.99%(前回比:-1.90ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
左藤章66自由民主党91,439票
43.9%
――公明党推薦
椎木保51日本維新の会68,844票
33.1%
75.3%
比当尾辻かな子42立憲民主党48,018票
23.1%
52.5%社民党大阪府連合推薦

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:351,243人 最終投票率:49.89%(前回比:-9.78ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
左藤章63自由民主党78,326票
46.5%
――公明党推薦
椎木保48維新の党56,025票
33.2%
71.5%
山本陽子60日本共産党34,184票
20.3%
43.6%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:351,116人 最終投票率:59.67%(前回比:-6.84ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
左藤章61自由民主党80,817票
40.0%
――
比当林原由佳37日本維新の会69,200票
34.2%
85.6%
山本陽子58日本共産党24,193票
12.0%
29.9%
萩原仁45日本未来の党16,647票
8.2%
20.6%
川条志嘉42無所属11,359票
5.6%
14.1%×

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:352,167人 最終投票率:66.51%(前回比:+0.47ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
萩原仁41民主党91,952票
40.1%
――
左藤章58無所属72,888票
31.8%
79.3%×
川条志嘉39自由民主党35,417票
15.5%
38.5%
吉永朋之64日本共産党23,629票
10.3%
25.7%
深田敏子38幸福実現党5,285票
2.3%
5.7%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:352,148人 最終投票率:66.04%(前回比:+9.90ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川条志嘉35自由民主党73,953票
32.8%
――
左藤章54無所属71,423票
31.7%
96.6%×
萩原仁38民主党52,945票
23.5%
71.6%
吉永朋之60日本共産党27,300票
12.1%
36.9%
  • 石井は第44回は比例単独立候補し当選。第45回は立候補せず引退。

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:352,769人 最終投票率:56.14%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
左藤章52自由民主党96,470票
50.8%
――
岩波薫41民主党56,652票
29.8%
58.7%
比当石井郁子63日本共産党36,706票
19.3%
38.0%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
左藤章48自由民主党90,470票
47.5%
――
比当石井郁子59日本共産党56,152票
29.5%
62.1%
稲場政和48民主党38,177票
20.1%
42.2%
福田貢44自由連合5,586票
2.9%
6.2%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
左藤恵72新進党92,292票
49.8%
――
比当石井郁子56日本共産党58,109票
31.4%
63.0%
渕上桃太郎43自由民主党34,858票
18.8%
37.8%

脚注・出典編集

関連項目編集