メインメニューを開く

大阪府第4区(おおさかふだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。2017年に区割が変更された。

日本の旗大阪府第4区
衆議院小選挙区 大阪府拡大枠.svg衆議院小選挙区 大阪府大阪市5.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 大阪市北区都島区福島区城東区
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 中山泰秀
有権者数 396,089人
1.67 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

2017年の区割変更までは、上記の4区と東成区で構成されていた。(東成区は大阪府第1区に移動)

大阪市の中北部、いわゆる梅田(通称:キタ)を主体とする選挙区である。中選挙区制時代は旧2区に属していた。

近年梅田北ヤードなどを中心とした再開発により都心回帰が進行、人口は増加傾向にある。オフィスの多い北区や住宅地化が進んでいる都島区以外は町工場や運送基地、商店街などが多く、総じて人口密度は高い。選挙区の面積は34.02km2で全国でも8番目に狭いが、北区・都島区・福島区は梅田の生活圏となっているのに対して城東区南部やかつて当選挙区に属していた東成区はミナミの生活圏に近く、小選挙区以外での全体としてのまとまりは比較的薄い。

なお大阪市役所はこの4区(北区)に、大阪府庁は隣の1区(中央区)に所在する。

歴史編集

古くからの中小企業経営者や名士などが多く地元色・保守色が強かった隣の旧1区とは異なり無党派層が多く、またこの地域を地盤としている政治家が少なかったこともあって長年野党が乱戦を繰り広げてきた。その結果、本選挙区は大阪府下では第47回衆議院議員総選挙まで10区と並び過去7回の選挙において小選挙区で連続当選した候補者の存在しない選挙区となっていた。

2005年に行われた第44回衆議院議員総選挙では、前回比例復活だった中山泰秀が小泉人気の支えもあって小選挙区で初勝利を遂げた。しかし2009年に行われた第45回衆議院議員総選挙では、民主党吉田治政権交代を訴えて全国的な追い風に乗り小選挙区を奪取、国会に返り咲いた。さらに、2012年第46回衆議院議員総選挙では日本維新の会の新人村上政俊が中山を僅差で(中山は比例復活)、吉田を大差で破り初当選した。 2014年の第47回衆議院議員総選挙では、日本維新の会が分党して発足した維新の党は村上を公認せず、大阪維新の会所属の大阪市会議員である吉村洋文を擁立し、吉田が民主党の公認を得られず無所属で出馬するなど野党候補者が様変わりを見せる中で、中山が第44回以来となる小選挙区当選し、吉村と日本共産党清水忠史が比例復活により初当選した。

2017年に当選挙区で初の区割変更が実施され、東成区が大阪府第1区に移動した。直後の同年秋の第48回衆議院議員総選挙では、民進党希望の党への合流並びに日本維新の会との間で大阪府下の小選挙区に候補者を擁立しない協力を受けて、民進党から希望の党に移籍した吉田は比例北陸信越ブロックの単独候補として国替え出馬となった。その中で、中山が清水や大阪市会議員を辞職し出馬した日本維新の会の美延映夫の比例復活をさせることなく初の小選挙区連続当選を果たした。また前回比例復活だった吉村は橋下徹の後継として大阪市長選挙へ立候補し第20代大阪市長に就任している。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:390,850人 最終投票率:49.74%(前回比:▼0.5ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中山泰秀47自由民主党80,083票
42.3%
――公明党推薦
美延映夫56日本維新の会72,446票
38.3%
90.5%
清水忠史49日本共産党36,825票
19.4%
46.0%社民党大阪府連合推薦

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:434,977人 最終投票率:50.24%(前回比:▼0.5ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中山泰秀44自由民主党82,538票
38.9%
――公明党推薦
比当吉村洋文39維新の党74,101票
34.9%
89.8%
比当清水忠史46日本共産党31,478票
14.8%
38.1%
吉田治52無所属24,213票
11.4%
29.3%×

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村上政俊29日本維新の会95,452票
38.6%
――みんなの党推薦
比当中山泰秀42自由民主党89,894票
36.4%
94.2%公明党推薦
吉田治50民主党30,563票
12.4%
32.0%国民新党推薦
清水忠史44日本共産党25,694票
10.4%
26.9%
井上幸洋63社会民主党5,438票
2.2%
5.7%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
吉田治47民主党135,411票
50.8%
――
中山泰秀38自由民主党98,576票
37.0%
72.8%
長谷川良雄59日本共産党28,432票
10.7%
21.0%
春山美一40幸福実現党4,111票
1.5%
3.0%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中山泰秀34自由民主党132,072票
52.3%
――
吉田治43民主党91,756票
36.3%
69.5%
長谷川良雄55日本共産党28,931票
11.4%
21.9%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
吉田治41民主党92,470票
44.8%
――
比当中山泰秀33自由民主党87,187票
42.2%
94.3%
長谷川良雄53日本共産党26,776票
13.0%
29.0%
  • 前田正は出馬を断念し、吉田治の支持に廻った。

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中山正暉68自由民主党63,290票
30.7%
――
吉田治38民主党54,038票
26.2%
85.4%
長谷川良雄50日本共産党36,804票
17.9%
58.2%
前田正53改革クラブ34,476票
16.7%
54.5%
村上史好48自由党17,450票
8.5%
27.6%
  • 中山正暉はこの選挙を最後に引退し、地盤を息子の中山泰秀(親子同時議員を目指し41回は5区、42回は比例単独候補として立候補も落選)に譲った。吉田は41回は比例単独候補として当選(新進党)。村上は民由合併6区に国替えし45回に初当選。

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前田正49新進党76,297票
39.0%
――
比当中山正暉64自由民主党66,127票
33.8%
86.7%
山中智子34日本共産党47,904票
24.5%
62.8%
加藤成一56無所属5,439票
2.8%
7.1%×

関連項目編集