メインメニューを開く

大阪府第8区(おおさかふだい8く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗大阪府第8区
衆議院小選挙区 大阪府2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 豊中市
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 大塚高司
有権者数 335,452人
1.41 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

大阪有数のベッドタウン・豊中市で構成される。域内は北大阪急行沿線・阪急宝塚線沿線に二分されるが、総じて無党派層が多い地域である。中選挙区時代は旧3区に属していた。選挙区域を構成する地方公共団体が一つのみというケースは、大阪府下では他に13区東大阪市)がある。

歴史編集

小選挙区移行初の選挙となる1996年第41回衆議院議員総選挙では、民社党出身で当時新進党公認を得た中野寛成と、元摂津市長で社会党から旧民主党に移った井上一成の2人の前職らによる争いとなったが、中野が小選挙区で議席を得た。井上は重複立候補していた比例近畿ブロックで復活当選した。

2000年第41回衆議院議員総選挙では、新たに民主党の公認を得た中野が2回連続で小選挙区で当選した。 この選挙では井上が保守党の公認候補として、出身地の摂津市が含まれる隣接の大阪7区に拠点を移したこともあり、中野が強固な地盤を元に、長年に渡り小選挙区で連続当選し続けてきた。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、いわゆる「小泉旋風」の下、自由民主党新人の大塚高司が初当選し、中野は重複立候補していた比例近畿ブロックでも復活できず落選し、小選挙区では初めて苦杯を舐めた。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、全国的な民主党への追い風もあり、中野は小選挙区での議席を奪還。大塚は比例復活できずに落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、中野が妻の介護を理由に政界引退を表明し、前回比例近畿ブロックに単独立候補し当選した松岡広隆を後継候補として臨んだが、今度は全国的な民主党への逆風が吹く中での選挙となり、新たに日本維新の会が擁立した木下智彦が小選挙区で当選した。元職の大塚も重複していた比例近畿ブロックで復活当選を果たす一方で、松岡は前回中野が得た票を大幅に減らし、落選した。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、大阪府下の小選挙区としてはこの回最多となる5名の立候補者が争う中、大塚が第44回以来となる小選挙区当選を果たし、維新の党公認となった木下は約4,500票差で敗れたものの、重複していた比例近畿ブロックで復活当選を果たした。

2017年第48回衆議院議員総選挙では、大塚が3回目の小選挙区当選を果たした。前回比例復活の木下はさらに得票を減らし、自民と維新の前職対決に埋没した立憲民主党新人の松井博史は大塚に大差をつけられ、ともに重複していた比例近畿ブロックでも復活できず落選した。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:333,595人 最終投票率:52.07%(前回比:▼0.57ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大塚高司53自由民主党67,054票
39.3%
――公明党推薦
木下智彦48日本維新の会57,187票
33.5%
85.3%
松井博史49立憲民主党31,197票
18.3%
46.5%社民党大阪府連合推薦
新居真57日本共産党15,197票
8.9%
22.7%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:322,648人 最終投票率:52.64%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大塚高司50自由民主党67,055票
40.6%
――公明党推薦
比当木下智彦45維新の党62,522票
37.8%
93.2%
山端光子56日本共産党19,897票
12.0%
29.7%
服部良一64社会民主党11,286票
6.8%
16.8%緑の党推薦
上田孝之56次世代の党4,465票
2.7%
6.7%
  • 服部は第45回は比例近畿ブロック単独候補として当選、第46回も同様に比例単独候補であったが落選。

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木下智彦43日本維新の会76,451票
39.9%
――みんなの党
比当大塚高司48自由民主党71,091票
37.1%
93.0%公明党推薦
松岡広隆30民主党25,432票
13.3%
33.3%国民新党
五十川和洋53日本共産党18,505票
9.7%
24.2%
  • 松岡は第45回は比例近畿ブロック単独候補として当選。

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野寛成68民主党114,851票
53.3%
――
大塚高司44自由民主党77,405票
35.9%
67.4%公明党推薦
久門松寿65日本共産党19,498票
9.0%
17.0%
高橋伸典46幸福実現党3,714票
1.7%
3.2%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大塚高司41自由民主党103,120票
49.6%
――
中野寛成64民主党82,290票
39.6%
79.8%
斉宮澄江48日本共産党22,448票
10.8%
21.8%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野寛成62民主党81,319票
48.6%
――
大塚高司39自由民主党63,324票
37.8%
77.9%
斉宮澄江46日本共産党22,748票
13.6%
28.0%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野寛成59民主党83,566票
48.4%
――
上瀬剛30自由民主党54,859票
31.8%
65.6%
姫井敬治65日本共産党29,649票
17.2%
35.5%
菊池雅之40自由連合4,573票
2.6%
5.5%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野寛成55新進党74,723票
44.2%
――
比当井上一成64民主党34,563票
20.4%
46.3%
浅野弘樹68日本共産党29,622票
17.5%
39.6%
大村瑶子59自由民主党25,881票
15.3%
34.6%
嶋貫健29自由連合4,450票
2.6%
6.0%
  • 井上は第42回は保守党、第43回は自民党の公認候補として、大阪7区から立候補するもいずれも落選。

関連項目編集