メインメニューを開く

大阪府道110号余野茨木線

日本の大阪府の道路
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
大阪府道110号標識

大阪府道110号余野茨木線(おおさかふどう110ごう よのいばらきせん)は、大阪府豊能郡豊能町から同府茨木市に至る一般府道である。大坂から丹波地方に通じていた、旧街道の亀岡街道の一部だった。

目次

概要編集

路線データ編集

  • 起点:大阪府豊能郡豊能町余野地先
  • 終点:大阪府茨木市上郡地先(中河原交叉点)

地理編集

通過する自治体編集

  • 大阪府
    • 豊能郡豊能町 - 茨木市

主な接続道路編集

豊能郡豊能町

茨木市

沿線情報編集

豊能郡豊能町

茨木市

==

  • 2004年平成16年)9月末日に茨木市泉原地内(千提寺口の箕面学園グランドから200mほどのところ)で台風21号の影響により道路陥没事故が発生した。これにより、阪急バス豊能営業所前バス停から千提寺口バス停までの間が通行止となったため、豊能町から千里中央・茨木方面への交通手段は寸断され、府道109号・茨木方面や府道4号・高山方面、国道423号・池田方面への迂回を余儀なくされた。同年11月1日午前6時に片側通行規制ながらも通行止が解除され、それから半年後に完全復旧した。もともと該当場所は狭隘区間であったため、道路拡張も計画されていたが、崩落下にある地主が「今回の崩落事故に自分は関係無い」と土地を譲らなかったため、現在も狭隘区間(センターラインが引かれているもののほぼ1車線と同じ道幅)になっている。
  • 2014年2月26日、豊能町木代で府の指導や警告などを無視して廃土を積み上げていた業者の廃土置き場にて大規模な土砂崩れが発生し、本線は広範囲に埋没して数ヶ月間通行止めになった。今は復旧しているが、この影響で異常気象時は片側交互通行などの交通規制が行われる。

関連項目編集