大阪経済法科大学


大阪経済法科大学(おおさかけいざいほうかだいがく、英語: Osaka University of Economics and Law)は、大阪府八尾市楽音寺6-10に本部を置く日本私立大学である。1971年に設置された。大学の略称経法経法大大経法

大阪経済法科大学
Keiho-dai.jpg
花岡キャンパス
大学設置 1971年
創立 1970年
学校種別 私立
設置者 学校法人大阪経済法律学園
本部所在地 大阪府八尾市楽音寺6-10
北緯34度38分25.5秒 東経135度38分43.5秒 / 北緯34.640417度 東経135.645417度 / 34.640417; 135.645417座標: 北緯34度38分25.5秒 東経135度38分43.5秒 / 北緯34.640417度 東経135.645417度 / 34.640417; 135.645417
キャンパス 花岡キャンパス(大阪府八尾市楽音寺)
八尾駅前キャンパス(大阪府八尾市北本町)北緯34度38分02秒 東経135度36分11秒 / 北緯34.63375385922378度 東経135.603133396048度 / 34.63375385922378; 135.603133396048 (大阪経済法科大学八尾駅前キャンパス)
学部 経済学部
経営学部
法学部
国際学部
研究科 経済学研究科
ウェブサイト https://www.keiho-u.ac.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

略歴編集

 
八尾駅前キャンパス
  • 1971年
    • 1月 - 学校法人大阪経済法律学園設立
    • 4月 - 大阪経済法科大学開学
  • 1972年4月 - 学友会発足
  • 1977年3月 - 経済研究所、法律研究所開設
  • 1979年4月 - 総合科学研究所開設
  • 1987年
    • 1月 - 図書館竣工
    • 4月 - 情報科学センター開設
    • 9月 - 出版部開設
    • 12月 - アジア研究所開設
  • 1991年10月 - 創立20周年記念式典開催
  • 1994年6月 - 国際シンポジウム「コンピュータ時代の識字教育」開催(ユネスコと共催)
  • 1996年10月 - 創立25周年記念式典開催。学習センター開設
  • 1997年4月 - 「Sコース」(特修講座)開設。東京麻布大セミナーハウス開設
  • 1999年6月 - 大阪経済法科大学校友会結成
  • 2000年9月 - シドニー五輪テコンドー競技に代表選手を派遣
  • 2001年10月 - 創立30周年記念式典開催
  • 2003年4月 - アジア太平洋研究センター開設
  • 2005年4月 - 学習支援センター開設
  • 2007年4月 - 大学教育開発支援センター開設
  • 2008年
    • 4月 - 21世紀社会研究所、地域総合研究所開設。阪南キャンパス開設
    • 9月 - 「第5回東アジア学国際学術シンポジウム」を北京大学と共催
  • 2010年9月 - 「第6回東アジア学国際学術シンポジウム」を北京大学、ロシア極東国立大学、ロシア科学アカデミーと共催
  • 2011年
    • 2月 - 花岡キャンパスに新学生ホール棟「Chronos(クロノス)」オープン
    • 9月 - 日中哲学シンポジウム開催(北京大学と共催)
    • 12月 - 近鉄八尾駅前に八尾駅前キャンパス(オーバル)竣工
  • 2012年
    • 4月 - 近鉄八尾駅前の八尾駅前キャンパス(オーバル)開設
    • 9月 - 「第7回東アジア学国際学術シンポジウム」を北京大学、中山大学と共催
  • 2014年4月 - 経済学部に経営学科を増設
  • 2015年4月 - 大学院経済学研究科経済学専攻(修士課程)を開設
  • 2016年4月 - 国際学部を開設
  • 2017年4月 - 大学院経済学研究科に経営学専攻(修士課程)を開設
  • 2019年4月 - 経営学部を開設

特色編集

経法相互乗り入れ編集

創立者である金澤尚淑博士により建学の理念とされた「経済と法律が社会の両輪…」という言葉を具現化するため、経済学法学の柔軟な相互履修を可能にする「経法相互乗り入れ」という教育制度を実施している(卒業時に修得できる学位は、学士(法学)、学士(経済学)、学士(国際学)のいずれかとなる)。

資格に強い大学への転換編集

Sコース編集

「Sコース」と呼ばれる資格試験対策カリキュラムを中心に、資格取得などの教育システムがある。Sコースでは、早稲田セミナーなどの予備校から派遣された講師と、大学教員が連携して指導する体制を採っている。入学試験で合格した一部の学生および入学後選考を受け採用された学生は、受講料無料で受講することが可能となっている。また、Sコース受講生専用の自習室やグループ学習室が用意されている。

実績編集

Sコースなどの取り組みにより、2003年・2007年・2010年・2014年の公認会計士試験に現役(同大学在学中)合格者を輩出[1]しているほか、大阪大学関西大学関西学院大学立命館大学など、関西地方を中心とした法科大学院への進学者がいる。この間は法科大学院に進学した卒業生が3年(2012年~2014年)連続司法試験に合格している。

国際交流関係編集

北京大学ハワイ大学トロント大学ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(東洋アフリカ研究学院)、高麗大学校など海外の大学等との国際交流ネットワークを緊密に形成している。2018年8月現在、25ヵ国・地域65大学・教育研究機関との海外ネットワークを持っている。こうした環境を活かし、海外留学制度なども用意し、さらに2016年度からは国際学部国際学科を開設した。

地方自治体等との関係編集

2005年9月に八尾市立図書館と相互協力に関する基本協定を締結したことを皮切りに、2007年11月に八尾市国際交流センターと相互協力協定を、2008年2月に八尾市教育委員会、2008年12月に東大阪市教育委員会と連携協力協定を、2013年2月に八尾市と包括連携に関する協定書を締結するなど、東大阪地域の地方自治体等と関係を深めている。また、他大学にあまり見られない自治体等との連携として、2013年2月に八尾市議会との地域連携に関する覚書を締結したことがあげられる。

その他編集

学歌「われらが白き学舎に」(作詞・杉紀彦、作曲・服部克久)にあるように、花岡キャンパス内の建物は白を基調としている。キャンパスの中に、広開土王碑のレプリカが建立されている。スポーツ活動では、テコンドー部や空手部、卓球部に強豪選手が多いことでも知られている。

学部編集

  • 経済学部
    • 経済学科
      • 金融経済コース
      • 総合政策コース
      • グローバル経済コース
      • 地域デザインコース
    • 経営学科(2019年4月募集停止)
      • ビジネスマネジメントコース
      • マーケティングコース
      • 会計ファイナンスコース
      • グローバルビジネスコース
  • 経営学部(2019年4月開設)
    • 経営学科
      • ビジネスデザインコース
      • 企画マーケティングコース
      • 組織・人材マネジメントコース
      • 会計専門職コース
  • 法学部(2019年4月新コース制に)
    • 法律学科
      • 法曹・法律専門職コース
      • 公務員コース
      • 企業キャリアコース
  • 国際学部(2016年4月開設[2])
    • 国際学科
      • 国際コミュニケーションコース
      • グローバルキャリアコース

研究科編集

  • 経済学研究科(2015年4月開設)
    • 経済学専攻(修士課程)
    • 経営学専攻(修士課程) ※2017年4月開設

協定(校)・提携(校)等編集

国内編集

  • 地方自治体等
    • 八尾市
    • 八尾市議会
    • 八尾市消防本部
    • 八尾市立図書館
    • 八尾市国際交流センター
    • 八尾市教育委員会
    • 東大阪市6大学連携公開講座(東大阪市教育委員会)
    • 環境アニメティッドやお
    • 高安ルーツの能実行委員会
    • 高安自然再生協議会

海外編集

施設編集

花岡キャンパス編集

大阪府八尾市楽音寺6丁目にあるキャンパス。大学本部の所在地でもある。キャンパス名の「花岡」とは、花岡キャンパスがある八尾市楽音寺東部にかつて存在した「花岡山古墳」にちなんで、「八尾駅前キャンパス」の開校決定に伴って命名されたものである(キャンパス内には、古墳が在ったことを記念した「花岡山遺跡石碑」が建立されている。)。近鉄大阪線近鉄八尾駅の「八尾駅前キャンパス」よりスクールバスで20分。近鉄奈良線東花園駅よりスクールバスで15分。大学創立40周年を記念し、キャンパス中心部に新学生ホール棟「Chronos(クロノス)」が建設された。キャンパスレストランやカフェ、ホール(講堂)などを備えた学生の生活空間として利用されている。

八尾駅前キャンパス編集

近鉄大阪線近鉄八尾駅前の大阪府八尾市北本町にある都市型キャンパス。地上12階建てのビル1棟で構成されている。2011年12月7日に竣工[3]し、2012年2月20日から学生の利用を開始した[4]。キャンパス用地は、近鉄八尾駅前への「アリオ八尾」進出に伴って撤退した八尾サティ跡地である。周辺にはアリオ八尾のほか、商店街や八尾市役所LINOAS(旧西武百貨店八尾店)などの商業施設・公共施設も近い。

学外施設編集

八尾市のキャンパス以外にも学外施設があり、運動系クラブの練習や、クラブ・サークル・ゼミでの合宿などに利用することが可能となっている。

東京セミナーハウス
東京事務所およびアジア太平洋研究センター(所長:武者小路公秀)としての役割を持つ。宿泊設備も備えており、就職活動など一定の理由に基づく場合は、学生も利用可能となっている。
富田林グラウンド
野球部の練習場として使用されている。なお、野球部員たちは専用バスを利用して大学からグラウンドまで通っている。
琵琶湖セミナーハウス
琵琶湖そばにある合宿用施設で、周辺には海水浴場やスキー場があることから、長期休業期間のレジャーにも活用できる。
阪南キャンパス
関西国際空港の見える、大阪府阪南市の丘陵地に設置。7万坪以上の敷地を有する。キャンパスという名称ではあるが、学部は属さず、運動場や合宿施設などセミナーハウスとしての機能を持つ。2008年開設。

社会との関係編集

高句麗・好太王碑(複製)編集

高句麗好太王碑とは、中国吉林省集安にある碑。高句麗最盛期の好太王(在位391~412)の功業を記したものであり、大阪経済法科大学が朝鮮社会科学院の好意で複製碑を作成してもらい寄贈を受けたものである。 碑の4面に1759文字が刻まれ、高句麗と百済・倭との17年に及ぶ戦い(391年・400年・404年・407年)が記されており、4世紀末から5世紀初めの倭(日本)と朝鮮半島の姿を東アジアの視点から知ることができる数少ない資料となっています。「倭」の文字があり、貴重な歴史資料である。

著名な教員編集

経済学部

  • 大島真理夫 - 元教授。経済史。元大阪市立大学経済学研究科長・経済学部長。
  • 井上勝雄 - 元教授。計量経済学。元関西学院大学教授、元啓明学院院長。
  • 星川順一 - 元教授。経済政策。元大阪市立大学教授。
  • 森川正之 - 元教授。貿易論。
  • 東郷 久 - 元教授。財政学総論。
  • 揚 武雄 - 元教授。経済学史。
  • 岩田年浩 - 元客員教授。日本経済論。
  • 土橋敏光 - 元教授。金融論。
  • 伊奈健二 - 元教授。証券論。
  • 山本広太郎 - 元教授。経済原論。
  • 原田金一郎 - 元教授。発展途上国論。
  • 豊田八宏 - 元教授。農業経済学。
  • 木口善康 - 元助教授。日本経済史。
  • 田中農夫也 - 元助教授。西洋経済史。
  • 朱 東平 - 教授。ミクロ経済学。
  • バルダス・グスタボ - 教授。マクロ経済学。
  • 鎌倉 健 - 教授。地域経済論。
  • 森 誠 - 教授。景気循環論。
  • 脇村孝平 - 教授。経済史。
  • 粂井淳子 - 教授。地方財政論。
  • 荒木康代 - 教授。中小企業経営論。
  • 小巻善郎 - 教授。銀行論。元銀行員。
  • 前鶴政和 - 教授・経済学部長。産業組織論。
  • 山垣真浩 - 教授。社会経済学。
  • 畑佐伸英 - 教授。国際経済学。
  • 弘田祐介 - 准教授。経済成長論。
  • 辻󠄀本政雄 - 准教授。資源・エネルギー経済論。
  • 藤田 峻 - 准教授。ゲーム理論。

経営学部

  • 能塚正義 - 経済学部元教授。経営学総論・経営情報総論。[7]
  • 東山栄次 - 経済学部元教授。簿記論。
  • 深瀬 澄 - 教授。ビジネス統計学。 マーケティングリサーチ。
  • 崔 潤鎔 - 教授。経営管理論。
  • 市橋秀友 - 教授。経営情報概論。
  • 亀田速穂 - 教授。経営管理論。
  • 片上孝洋 - 教授。コンピューター会計。
  • 塩谷茂明 - 教授。輸送論。
  • 島本克彦 - 教授。工業簿記。
  • 髙橋慎二 - 教授。中小企業政策論・中小企業研究。[8]
  • 寺地一浩 - 教授。マーケティング戦略論。
  • 徳丸義也 - 教授。経営立地論。
  • 服部良子 - 教授。人的資源管理論。
  • 引地夏奈子 - 教授。管理会計。
  • 八井田収 - 教授。経営学総論。
  • 水野 清 - 教授。経営組織論。
  • 三宅正伸 - 教授。人的資源管理論。
  • 畠山 啓 - 准教授。経営戦略論。

法学部

  • 福本憲男 - 元教授。商法。
  • 谷本治三郎 - 元教授。国際法。
  • 木村 惇 - 元教授。会社法。
  • 西山井依子 - 元教授。債権総論。
  • 山代義雄 - 元教授。地方自治法。
  • 田中誠一 - 元教授。行政法。
  • 形野清貴 - 元教授。政治学。
  • 金子道雄 - 元教授。政治思想史。
  • 岩村 等 - 元教授。近代法制史。[9]
  • 橋本 久 - 元教授。日本法制史。
  • 犬童一男 - 元教授。西洋政治史。
  • 田村精一 - 元教授。国際私法。元関西学院大学教授。
  • 井川一久 - 元教授。アジア政治史。元朝日新聞。
  • 佐藤雅美 - 元教授、現・客員教授。刑法。
  • 村下 博 - 元教授。労働法。
  • 鈴木直哉 - 元教授。家族法。
  • 西牧駒蔵 - 元教授。物権法。
  • 中村浩爾 - 元教授。法哲学。
  • 漆畑貴久 - 元准教授、現・客員准教授。刑事政策法。
  • 田中嗣久 - 教授・法学部長。民法。[10]
  • 澤野義一 - 教授。憲法学。[11]
  • 藤島光雄 - 教授。行政法。元公務員(岸和田市職員)。[12]
  • 西脇邦雄 - 教授。地方自治法。前大阪府議会議員。[13]
  • 大島一悟 - 教授。物権法概論。
  • 矢野哲也 - 教授。国際平和学。
  • 櫻井利江 - 教授。国際法。
  • 西口善規 - 教授。警察学。奈良県警察本部にて警察署長や刑事部参事官を歴任。[14]
  • 平田健治 - 教授。債権総則。
  • 岩﨑正 - 准教授。刑事訴訟法。弁護士。[15]
  • 石上敬子 - 准教授。財産法。
  • 石川英樹 - 准教授。警察学入門。
  • 小野木尚 - 准教授。国際私法。[16]
  • 乾 順子 - 准教授。社会調査論。
  • 大場史朗 - 准教授。刑法総論。
  • 小野木尚 - 准教授。国際取引法。
  • 髙野祥一 - 准教授。行政法。
  • 中久保寛幸 - 准教授。警察学。
  • 山本健人 - 助教。憲法学。

国際学部

  • 中井英雄 - 教授。副学長。ミクロ経済学・マクロ経済学。元近畿大学経済学部教授。
  • 岩見真希 - 教授。表決算実践。
  • 高砂謙二 - 教授。貿易論。
  • 田中 仁 - 教授。中国政治論・現代中国事情。
  • 東條加寿子 - 教授。英語表現。
  • スティーブン・グリーン - 教授。Comprehensive English。
  • 東森 勲 - 教授。観光英語・貿易英語。
  • 赤城永里子 - 准教授。日本語。
  • ウェザビ・マーティン - 准教授。Intensive English。
  • 梶村美紀 - 准教授。多文化共生論。
  • 菅原絵美 - 准教授。国際社会と法。
  • 本多 善 - 准教授。Internatioral Migration。
  • ジョナサン・チャールズ・ミルズ - 准教授。Japanese Culture。
  • 藥袋佳祐 - 准教授。国際法。
  • 望月直人 - 准教授。アジア史。

教養部

  • 荒岡作之 - 元教授。社会学。
  • 大橋 健 - 元教授。地理学。
  • 永平幸雄 - 元教授。物理学。
  • 山根共行 - 元教授。論理学。
  • 中澤義和 - 元教授。倫理学。
  • 堀内泰紀 - 元教授。西洋文学。
  • 吉田 廣 - 元教授。フランス文学。
  • 勝 英雄 - 元教授。スポーツ論。実技体育(卓球)。
  • 森下泰行 - 元准教授。現代社会と健康。実技体育(剣道)。
  • 高垣英夫 - 元助教授。身体管理論。実技体育。
  • 中澄考司 - 元助教授。身体運動科学。実技体育。
  • 浅見 緑 - 教授。文学。
  • 山木 和 - 教授。判断推理。
  • 森榮 徹 - 教授。現代社会とメディア。
  • 藤崎好子 - 教授。言語学。
  • 吉川真理子 - 准教授。英語。
  • 下山惠子 - 准教授。心理学。
  • 樋口くみ子 - 准教授。社会学。
  • 川瀬成吾 - 准教授。地球と環境。
  • 渡邉浩一- 准教授。哲学。
  • 鈴木 聡 - 准教授。ハードウェア論。

アジア太平洋研究センター

著名な出身者および在学生編集

姉妹校・関連学校編集

注脚編集

  1. ^ 「平成22年公認会計士試験に合格!」(大阪経済法科大学ホームページより)
  2. ^ 2016.04 いよいよスタート!国際学部開設決定!,大阪経済法科大学,2015年9月11日閲覧。
  3. ^ “創立40周年記念八尾駅前キャンパス[オーバル竣工式を挙行いたしました”] (プレスリリース), 大阪経済法科大学, (2011年12月7日), http://www.keiho-u.ac.jp/news/topics/2011/post-381.html 2012年3月9日閲覧。 
  4. ^ “八尾駅前キャンパス[オーバル]、いよいよオープン!” (プレスリリース), 大阪経済法科大学, (2012年2月21日), http://www.keiho-u.ac.jp/news/news/2012/post-403.html 2012年3月9日閲覧。 
  5. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/news/news/2016/post-621.html
  6. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/int_studies/prof_r-tabata.html
  7. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/economics/prof_m-nouzuka.html
  8. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/economics/prof_s-takahashi.html
  9. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/law/prof_h-iwamura.html
  10. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/law/prof_t-tanaka.html
  11. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/law/prof_y-sawano.html
  12. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/law/prof_m-hujishima.html
  13. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/law/prof_m-hujishima.html
  14. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/law/prof_y-nishiguchi.html
  15. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/law/prof_t-iwasaki.html
  16. ^ http://www.keiho-u.ac.jp/faculty/professor/law/prof_h-onogi.html

外部リンク編集