メインメニューを開く

大阪観光局(こうえきざいだんほうじんおおさかかんこうきょく、英文名称Osaka Convention & Tourism Bureau)は、大阪府大阪市における観光事業の振興とコンベンション誘致、その支援等を行う公益財団法人2013年平成25年)4月、松井一郎大阪府知事橋下徹大阪市長の肝煎りで発足。大阪への訪日外国人旅行者数を「2020年に年1300万人」に増やすことを目標としている[1][2]

大阪観光局
団体種類 公益財団法人
設立 2013年4月1日
所在地 日本の旗 日本
大阪府大阪市中央区南船場4丁目4番21号
りそな船場ビル5階
主要人物 溝畑宏(代表理事理事長)
ウェブサイト osaka-info.jp/page/octb-top
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
大阪観光局協力のフリーペーパー「大阪歡迎您!」(産経新聞発行)。関西各地で配布されている

背景として、訪日外国人旅行者数が2000年に476万人、2005年673万人、2010年861万人と年々増加しているにも関わらず、大阪を訪れる外国人旅行者数は年150~200万人と低迷していたことがある。

そこで、大阪府市統合本部(当時。2015年6月で廃止)の「大阪都市魅力創造戦略」に基づき、府市の観光振興を一元化。民間感覚を生かし、国際会議誘致に精通した人材を登用。官民一体で「ヒト、モノ、金を大阪に呼び込む」施策の推進役として、大阪観光局が設立された[3]。府と市、関西経済界が計7億5000万円を出資している。同種の公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー名古屋観光コンベンションビューローは県知事認定だが、大阪観光局は内閣府認定。

従来の組織と異なる特徴は、局長に権限と責任を集中。結果責任も明確にしている点で[4]、初代の局長として香港政府観光局加納国雄が抜擢された。

加納は1995年(平成7年)から日本・韓国地区トップとして、2003年に新型肺炎(SARS、重症急性呼吸器症候群)流行の際、半減した香港への観光客を航空券無償配布などで半年で回復させた実績などを評価された[5]

大阪を外国人旅行者が訪れない理由として、「東京京都のようなブランド力が足りない」と加納は指摘。知名度の向上へ米国ニューヨーク州観光局の「 I Love New Yorkキャンペーンに倣い、「ASIAN GATEWAY OSAKA」を考案。また、韓国の名誉広報大使で大阪出身の在日韓国人ファッションモデルのアンミカ(安美佳)を初代「大阪観光大使」に任命し、彼女を起用したコマーシャルメッセージ中国インドなどアジアなど30ケ国で放送した[6]

しかし、引き続き大阪への外国人観光者が伸びぬ中、2014年4月、大阪国際音楽フェスティバルを開催。ジャズピアニストハービー・ハンコックサクソフォーン奏者のウェイン・ショーター、韓国のアイドル超新星防弾少年団台湾シンガーソングライター盧廣仲が出演したが、約1億円の赤字が発生。フェスの実行委員長でもある加納が、大阪の知名度向上として「強引に開催」した経緯も発覚し、加納が2700万円を自腹で補填[7]。また、業務委託のNHK関連会社からも5000万円の支払いを求められ、大阪府監査委員から改善を指摘されるなどトラブルが続き[8]大阪市議会から「ガバナンスに問題がある」と追及されたため、2015年3月末、加納は局長を辞任した[9]

2015年(平成27年)4月、2代目の局長として自治官僚出身の大阪府特別顧問(元観光庁長官)の溝畑宏(本名「渡邉宏」[10])が就任した。会見で溝畑は「火中の栗を拾うのが大好き」な性格と自己紹介。観光者数の向上へ「『大阪オンリーワン』を掘り起こす」と述べ、建築家安藤忠雄の作品ツアーや古墳での婚活阪神甲子園球場東大阪市花園ラグビー場などを活用したスポーツ文化ツーリズムなどのアイデアを披露した[11]。また、溝畑は大阪湾の人工島夢洲に誘致の進められているカジノ統合型リゾート施設を踏まえ、「世界最高水準の観光都市を目指す」としている[12]

組織編集

脚注編集

  1. ^ 産経新聞朝刊2014年平成26年)11月9日 大阪観光局長 自腹補填に賛否 橋下市長「すごい」議会は批判
  2. ^ 大阪観光局事業(大阪版DMO) - 大阪市。観光局発足後に起きたインバウンドブームで2015年11月、当初の目標650万人から上方修正
  3. ^ 産経新聞夕刊2012年3月26日  大阪府都市魅力戦略会議「大阪観光局設置を」 官民でブランド確立狙う
  4. ^ 産経新聞夕刊2013年2月18日 大阪観光局が4月発足 初代局長に前香港観光局・加納氏
  5. ^ 産経新聞夕刊2013年3月9日 外国人旅行者650万人 ミッションはポッシブル カギは大阪人ノリ 中印をターゲット
  6. ^ 韓国の名誉広報大使…アンミカさんが「大阪PR」CM、海外30カ国で放映 大阪観光局 産経新聞「産経ニュース」2013年10月29日
  7. ^ 【関西の議論】大阪観光局長の赤字「自腹補填」背後に韓流アイドル出演中止 韓国旅客船沈没事故まさかの波紋 産経新聞「産経ニュース」2014年11月26日
  8. ^ 産経新聞朝刊2015/ 02/ 10日 大阪観光局長きょう退任表明 来月末で赤字を自腹補填
  9. ^ 【動画】大阪観光局長が退任表明、でも…「赤字で辞めるわけじゃない」 産経新聞「産経ニュース」2015年2月10日
  10. ^ 公益財団法人大阪観光局役員名簿 平成30年7月現在(理事)
  11. ^ 【動画】大阪観光局長が退任表明、でも…「赤字で辞めるわけじゃない」産経新聞「産経ニュース」2015年2月10日
  12. ^ 産経新聞朝刊2017年7月14日 「最高水準の観光都市を」 溝畑宏・大阪観光局長が講演 関西中堅企業の会
  13. ^ 公益財団法人大阪観光局役員名簿 平成30年7月現在(評議員)

関連項目編集

外部リンク編集