メインメニューを開く

大阪高知特急フェリー(おおさかこうちとっきゅうフェリー)は、かつて存在した海運会社。大阪南港高知港を結ぶフェリー航路を運航していた。本社は高知県高知市にあった。

大阪高知特急フェリー株式会社
種類 株式会社
本社所在地 高知県高知市桟橋通六丁目10番23号
設立 1970年4月18日
業種 海運業
事業内容 定期フェリー航路の運航。
代表者 代表取締役社長 竹田晴雄
資本金 4億420万円
発行済株式総数 80万8,400株
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1970年4月18日 - 大阪高知フェリー株式会社を設立。
  • 1972年9月13日 - 土佐特急フェリー株式会社を合併し、大阪高知特急フェリー株式会社に商号変更。
  • 1975年5月11日 - 乗船率の低い朝便の運航を休止[1]
  • 1981年4月25日 - 「ニューかつら」が就航する。当時では珍しいエスカレーターを設置。
  • 1990年3月 - 「ニューとさ」が就航する。
  • 1994年7月16日 - 本店を大阪市住之江区南港南二丁目3番44号に移転。
  • 1996年1月29日 - 本店を大阪市中央区南船場四丁目12番12号に移転。
  • 1997年12月1日 - 本店を高知市はりまや町一丁目5番1号に移転。
  • 2000年8月19日 - 「フェリーこうち」が就航する。
  • 2001年12月10日 - あしずり港高知県土佐清水市) - 甲浦港(高知県安芸郡東洋町) - 大阪南港間に就航していた高知シーライン(旧・室戸汽船)の航路休止に伴い、高知港での待機時間を利用して、航路を引き継ぐ形であしずり港への運航が開始される。
  • 2004年
    • 4月10日 - あしずり港への運航が休止される。
    • 8月1日 - 本店を高知市桟橋通六丁目10番23号に移転。
    • 8月28日 - 甲浦港に隔日寄航するようになる。
  • 2005年
    • 3月30日 - 高知地方裁判所に自己破産(負債総額41億2,300万円)の申し立てをし、翌3月31日に破産手続開始が決定した。運航は継続。
    • 6月30日 - 大阪からの最終便が高知に到着し、35年の歴史に幕を閉じる。
    • 11月18日 - 新会社の設立による単独での航路再開を正式に断念。
  • 2006年6月16日 - 費用不足により破産手続廃止の決定が確定し会社は消滅。

航路編集

休止時点での航路。

船舶編集

とさ[2]
1971年9月就航。3369.6総トン、全長104.6m、幅20.0m、航海速力18.3ノット(最大20ノット)。
旅客定員620名。車両積載数:トラック59台・乗用車41台。
1973年、関西汽船に移籍し、はやとも丸に改称。
フェリーなにわ
1971年12月就航[2]。4,714総トン、全長120.80m、幅20.40m、最大速力19.5ノット。
旅客定員818名。車両積載数:8tトラック60台、乗用車80台。
1990年、「ニューとさ」就航にともない引退し、シンガポールに売却[2]
フェリーかつら[2]
1971年竣工。「フェリーなにわ」と同型船。
1981年4月、「ニューかつら」就航にともない引退後、売却先より関西汽船に用船され、くるしま丸就航まで松山 - 小倉フェリーに就航していた[要出典]。1990年、フィリピンに売却。
ニューかつら
1981年4月就航。6,772総トン、全長140.0m、幅22.7m、最大速力23.5ノット。
旅客定員1,000名。車両積載数:8tトラック99台、乗用車48台。
2006年、フィリピンに売却[2]
ニューとさ
1990年3月就航。6,939総トン、全長141.5m、幅23.0m、最大速力24.0ノット。
旅客定員1,000名。車両積載数:8tトラック103台、乗用車35台。
「ニューかつら」と同型船。2000年8月、「フェリーこうち」就航にともない引退し、ギリシャに売却[2]
フェリーこうち[2]
2000年8月就航。4,138総トン、全長118.1m、幅21.0m、航海速力19.4ノット(最大22.18ノット)。
旅客定員350名。車両積載数:8tトラック73台、乗用車10台。
航路休止時まで運航された。2006年4月、ギリシャに売却。

バスとの連携編集

高知県交通および土佐電気鉄道のバスがフェリー発着に合わせて、航路休止まで高知県交通は中村駅および梼原ならびに高知駅・高知営業所を結ぶ路線、土佐電気鉄道は安芸とを結ぶ路線が運行されていた。 高知県交通ではバス運賃が割引となる連絡乗車(船)券も存在していた。

提供番組編集

はらたいらのおらんく風土記(テレビ高知・過去)

出典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 世界の艦船(1975年7月号,p146)
  2. ^ a b c d e f g 日本のカーフェリー

参考文献編集

  • 日本のカーフェリー -その揺籃から今日まで-(世界の艦船 別冊) - 海人社(2009年3月発行)

外部リンク編集