メインメニューを開く

大阪 - 徳島線 (徳島バス・南海バス・阪急バス・阪神バス)

徳島バスエディ号 大阪梅田(ハービスOSAKA)付近にて

大阪 - 徳島線(おおさか - とくしません)は、大阪市神戸市鳴門市松茂町徳島市石井町を結ぶ昼行高速バスである。ここ数年で開業した高速バス路線ではドル箱路線の一つである。

全便座席指定制のため、乗車には予約が必要。

なお大阪 - 徳島間路線[1]の高速バスの輸送人員は、初年度の1998年度が75.8万人/年だったところ、近年は90万人を超過し、2007年度は97.5万人/年に至っており、増加傾向にあると指摘することができる[2]

目次

運行会社編集

運行会社によってそれぞれ愛称がある。阪急バス以外はバスそのものの愛称も兼ねている。

南海バスが高松線から撤退する2017年4月1日以降は、空港連絡バスを除けば同社が自社で運行する唯一の昼行高速バス路線となる。

停車停留所編集

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ) / なんば高速バスターミナル南海なんば駅) - 阪急三番街高速バスターミナル阪急梅田駅) - ハービスOSAKA阪神梅田駅 ・JR大阪駅前) - 高速舞子 --- 鳴門公園口<下り便(徳島行)降車のみ> - 高速鳴門 - 松茂 - 工業団地 - 徳島駅前 - 加茂名(加茂名小学校前) - 石井

  • 梅田地区は上下便とも 阪急三番街→ハービスOSAKA の順に停車。
  • USJ発着は2往復のみ。
  • 高速舞子、工業団地経由は3往復のみ(高速舞子停車便が工業団地を経由)。
  • 朝の下り(徳島行)1便は阪急三番街始発。
  • 大阪シティエアターミナル(OCAT)は経由しない。
  • 徳島駅前~石井間は5往復のみ。

運行回数編集

  • 1日22往復 (徳島バス12往復、南海バス4往復、阪急バス3往復、阪神バス3往復。うち石井発着便は徳島バス3往復、南海バス・阪神バス各1往復)。

歴史編集

車内設備編集

脚注編集

  1. ^ 競合他社線を含む統計である。
  2. ^ 国土交通省近畿運輸局「明石海峡大橋を経由する路線バスの輸送状況」(平成10年度から19年度までの各資料)
  3. ^ a b 鈴木文彦鉄道ジャーナル』第30巻第8号、鉄道ジャーナル社、1996年8月、 134頁。
  4. ^ G20規制で高速バス、神戸にシフト「前例ない」”. 神戸新聞NEXT (2019年6月23日). 2019年6月23日閲覧。

外部リンク編集