メインメニューを開く

大陸ネオファンタジー文庫(たいりくネオファンタジーぶんこ、Tairiku Neo Fantasy Bunko)は、日本の出版社大陸書房1990年から1992年の倒産まで刊行していたファンタジーライトノベル系の文庫レーベル。刊行タイトルはオリジナルのファンタジー作品が中心だが、アニメ小説化作品等も少数ながら存在した。

1988年に相次いで創刊した富士見ファンタジア文庫富士見書房)や角川スニーカー文庫角川書店)に触発される形で創刊した。しかし、大陸書房とほぼ同時期に集英社小学館などの大手も相次いで参入し過当競争状態となったことに加え、大陸書房自体の経営難が追い打ちをかけて低迷。結局、1992年に大陸書房が自己破産を申請したことでレーベルは自然消滅した。そのため、未完のまま打ち切られたシリーズ作品も何タイトルか存在するが「女戦士エフェラ&ジリオラ」シリーズ(ひかわ玲子)は講談社X文庫ホワイトハート、「八剣伝」(大野木寛)は小学館スーパークエスト文庫において継続した。

タイトル一覧編集

関連項目編集