メインメニューを開く

大隅 和雄(おおすみ かずお、1932年10月10日[1] - )は日本の歴史学者思想史家。専攻は中世思想史(仏教思想)。東京女子大学名誉教授。

福岡県福岡市生まれ[1]。父は鉱山学者・大隅芳雄[1]。外祖父は日本史学者・長沼賢海[1]。長男は大隅清陽1962年-、山梨大学教育人間科学部教授、歴史学者、日本古代史専攻)。生物学者大隅良典は弟。

経歴編集

1945年4月、戦時中に全国の理系に秀でた生徒を特別に集めた広島高等師範学校付属中学校特別科学教育学級に進学[1]

疎開中に広島への原爆投下により校舎が壊滅したため、福岡県立中学修猷館に転校[1]

戦後、新制になった修猷館高等学校[2][3]を経て、1955年、 東京大学文学部国史科卒業[1]

1964年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。

1964年、北海道大学文学部助教授[1]

1977年、東京女子大学教授。

2001年、同大学を定年退職、名誉教授。

受賞編集

著書編集

  • 『聖宝理源大師 醍醐山開創一千百年記念』醍醐寺寺務所 1976
  • 『中世思想史への構想 歴史・文学・宗教』名著刊行会・さみっと双書 1984 
  • 愚管抄を読む 中世日本の歴史観』平凡社選書 1986/講談社学術文庫 1999
  • 『日本史のエクリチュール』弘文堂 1987 シリーズ・にっぽん草子
  • 『事典の語る日本の歴史』アイノアそしえて文庫 1988/講談社学術文庫 2008
  • 『中世 歴史と文学のあいだ』吉川弘文館 1993/同「歴史文化セレクション」 2003
  • 『日本の文化をよみなおす 仏教・年中行事・文学の中世』吉川弘文館 1998
  • 『日本の文化と思想』放送大学 1998
  • 日本の中世2 信心の世界、遁世者の心』中央公論新社 2002 
  • 『幼時探訪』オンコ出版 2002
  • 方丈記に人と栖の無常を読む』吉川弘文館 2004
  • 『中世仏教の思想と社会』名著刊行会 2005 歴史学叢書
  • 西行・慈円と日本の仏教 遁世思想と中世文化』吉川弘文館 2016
  • 『中世の声と文字 親鸞の手紙と『平家物語』』集英社新書 2017
  • 『日本文化史講義』吉川弘文館 2017

現代語訳編集

共編著編集

  • 『日本旱魃霖雨史料』荒川秀俊・田村勝正共編 気象研究所 1964 気象史料シリーズ
  • 『批評日本史 政治的人間の系譜 3 足利尊氏会田雄次,山崎正和共著 思索社 1972
  • 太平記人名索引』編 北海道大学図書刊行会 1974
  • 『日本仏教史』速水侑共編著 梓出版社 1981
  • 『日本名僧論集 第4巻 源信』速水侑共編 吉川弘文館 1983
  • 『シリーズ女性と仏教』全4巻 西口順子共編 平凡社、1989
  • 『鎌倉時代文化伝播の研究』編 吉川弘文館 1993
  • 『中世後期における東アジアの国際関係』村井章介共編 山川出版社 1997
  • 『日本仏教史 中世』中尾尭共編 吉川弘文館 1998
  • 『中世の仏教と社会』編 吉川弘文館 2000
  • 『思想史家 丸山眞男論』平石直昭共編 ぺりかん社 2002

退任記念論集編集

  • 『仏法の文化史』吉川弘文館 2003
  • 『文化史の構想』吉川弘文館 2003
  • 『文化史の諸相』吉川弘文館 2003

編集