メインメニューを開く

大雪 嶺登(だいせつ みねと、本名:秋田 芳夫(あきた よしお)、1944年11月30日 - 1980年4月16日)は、北海道夕張市出身(本籍地は北海道夕張郡由仁町)で、1960年代後半から1970年代初めにかけて活躍した大相撲力士宮城野部屋に所属していた。最高位は東前頭3枚目(1971年7月場所)。現役時代の体格は183cm、120kg。得意手は右四つ、投げ、蹴返し

目次

来歴・人物編集

夕張市立千代田中学校を卒業後、夕張鉄道に2年ほど勤務したが1962年、地元の道会議員の紹介で宮城野部屋へと入門。入門に際しては母の強い反対があったが、それを押し切る形で決めた角界入りであった。

同年9月場所にて17歳で初土俵を踏み、翌場所、本名でもある「秋田」の四股名序ノ口に付いた。

その後師匠の現役名(吉葉山)から2字を取った「吉葉嶺」に四股名を改めたが、過去にこの四股名を名乗った2人が手首の怪我に見舞われたという話を聞いたので、三段目時代の1964年7月場所より「大雪」に改名した。これは、北海道の最高峰である「大雪山・旭岳」に因んでいる。

十両昇進は、1968年1月場所。以降は暫く十両にあったが、東十両筆頭で迎えた1969年11月場所で3点勝ち越し、翌年1月場所で新入幕を果たした。

幕内には新入幕以降連続11場所、通算で12場所在位した。1971年1月場所と同年5月場所では幕内下位ではあったが10勝を挙げ、特に1月場所では敢闘賞の候補に挙がった事がある(受賞は逃した)。

蹴手繰りや蹴返しといった半端な取り口が得意であったが、手首が脆いという欠点があったため、幕内上位では活躍できなかった(結果的に、過去2人の「吉葉嶺」が背負ったジンクスは克服できなかった事になる)。横綱大関陣との対戦圏内には2度進んだが、いずれも大敗している(1971年3月場所(西前頭3枚目)・・・4勝11敗、同年7月場所(東前頭3枚目)・・・4勝11敗)。最初に進出した1971年3月場所では、同郷の大横綱・大鵬と初対戦(これが唯一の対戦ともなる)。仕切り1回で立合い、あっさりと掬い投げで敗れている。

1972年3月場所を最後に幕内から遠ざかり、同年9月場所では、東十両10枚目の地位で2勝13敗と惨敗して関取の座も失った。翌場所と翌年1月場所は全休し、東幕下39枚目に在位した同場所(1973年1月場所)を以って28歳で引退年寄名跡を得ていなかった事もあり、引退後、直ちに日本相撲協会から去った。

以後は東京都新宿区早稲田で相撲料理の店「ちゃんこ大雪」を営んだが、1980年4月16日、膵臓癌により35歳で没した。

なお「~大雪」は大雪の没後、妻・英子が経営を引き継ぎ、2014年現在も営業を続けている(店舗の所在地は、現在は同区弁天町)。

主な成績・記録編集

  • 幕内成績:77勝103敗 勝率.428
  • 幕内在位:12場所
  • 通算成績:326勝323敗17休 勝率.502
  • 現役在位:62場所
  • 各段優勝

場所別成績編集

大雪 嶺登
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1962年
(昭和37年)
x x x x (前相撲) 東序ノ口11枚目
6–1 
1963年
(昭和38年)
東序二段53枚目
4–3 
東序二段21枚目
5–2 
西三段目72枚目
3–4 
東三段目87枚目
3–4 
東三段目98枚目
5–2 
東三段目49枚目
3–4 
1964年
(昭和39年)
東三段目58枚目
2–5 
東三段目84枚目
3–4 
東三段目92枚目
4–3 
西三段目76枚目
6–1 
東三段目28枚目
4–3 
西三段目11枚目
4–3 
1965年
(昭和40年)
西幕下95枚目
3–4 
西三段目10枚目
4–3 
東幕下96枚目
4–3 
東幕下86枚目
4–3 
西幕下78枚目
4–3 
西幕下68枚目
4–3 
1966年
(昭和41年)
東幕下63枚目
5–2 
東幕下46枚目
5–2 
東幕下32枚目
2–5 
東幕下51枚目
3–4 
東幕下58枚目
6–1 
東幕下34枚目
5–2 
1967年
(昭和42年)
東幕下21枚目
4–3 
西幕下16枚目
3–4 
西幕下28枚目
4–3 
東幕下20枚目
3–4 
西幕下23枚目
4–3 
東幕下17枚目
優勝
7–0
1968年
(昭和43年)
東十両13枚目
8–7 
東十両10枚目
7–8 
東十両12枚目
8–7 
東十両9枚目
8–7 
東十両6枚目
8–7 
東十両3枚目
6–9 
1969年
(昭和44年)
東十両5枚目
7–8 
西十両7枚目
8–7 
西十両3枚目
6–9 
西十両6枚目
9–6 
東十両2枚目
8–7 
東十両筆頭
9–6 
1970年
(昭和45年)
西前頭12枚目
9–6 
西前頭5枚目
6–9 
東前頭8枚目
7–8 
東前頭9枚目
6–9 
東前頭12枚目
8–7 
東前頭7枚目
6–9 
1971年
(昭和46年)
東前頭12枚目
10–5 
西前頭3枚目
4–11 
西前頭10枚目
10–5 
東前頭3枚目
4–11 
西前頭10枚目
3–12 
東十両4枚目
7–8 
1972年
(昭和47年)
東十両5枚目
10–5 
東前頭12枚目
4–11 
西十両5枚目
6–9 
西十両8枚目
6–6–3 
東十両10枚目
2–13 
西幕下8枚目
休場
0–0–7
1973年
(昭和48年)
東幕下39枚目
引退
0–0–7
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 秋田(あきた、1962年11月場所)
  • 吉葉嶺(よしばみね、1963年1月場所-1964年5月場所)
  • 大雪(だいせつ、1964年7月場所-1973年1月場所)

関連項目編集

参考文献編集