メインメニューを開く

大韓民国全国体育大会(ぜんこくたいいくたいかい、朝鮮語: 전국체육대회)または全国体典(ぜんこくたいてん、朝鮮語: 전국체전)は日本国民体育大会に当たる、スポーツの総合競技大会である。

毎年10月の1週間[1]に全国16都市・道の代表選手団、および在外選手団約20,000人が参加し、約40競技が実施される。毎年ソウル釜山大邱光州仁川などの大都市を中心に持ち回りで開催される。

高校の部、大学の部、一般の部に分かれて実施される。日本統治時代を否定している韓国でも、日本統治時代から開催されていた朝鮮体育会を認めている[2]。2019年大会を100周年としている[3][4]

歴史編集

1920年朝鮮体育会が発足し、その年の11月に第1回全朝鮮野球大会が開かれた。この大会を第1回として起算し、現在に至っている。第14回大会までは各競技で開催時期と場所とが異なっていたが、1934年第15回大会から総合競技大会の形式で行われるようになった。1937年まで日本政府から半島在住者の競技大会として認可されていたが、1938年に朝鮮体育会は国民体育大会に吸収されて日本人を含む朝鮮半島在住している選手も在日朝鮮系民同様に国民体育大会に出場するようになった[2]第二次世界大戦終戦後の1945年に第26回大会から再開された。1948年大韓民国が樹立され、この年から大会名称が「全国体育大会」となった。1950年の第31回大会は朝鮮戦争の影響で中止された。1988年の第69回大会はソウルオリンピックの影響で種目別大会のみ行われた。大会歌はオリンピック賛歌を使用している。

その他の全国的スポーツ大会編集

全国体育大会と関連して以下の大会が開催されている。

  • 全国少年体育大会
  • 全国冬季体育大会
  • 全国障害者体育大会

脚注編集

  1. ^ 1964年の第45回大会は9月3日から9月8日まで。1968年の第49回大会は9月12日から9月17日まで。1986年の第67回大会は第10回アジア競技大会の関係で6月20日から6月25日2002年の第83回大会は第14回アジア大会の関係で11月9日から11月15日まで。
  2. ^ a b 「生活者の日本統治時代: なぜ「よき関係」のあったことを語らないのか」p142,呉善花,2000年
  3. ^ 北朝鮮にソウルでの体育大会参加を提案 韓国担当相」『』。2018年11月14日閲覧。
  4. ^ 【コラム】自ら声を上げられない韓国スポーツ界」『』。2018年11月14日閲覧。

外部リンク編集