メインメニューを開く

大須301ビル(おおす301ビル)は、愛知県名古屋市中区大須商店街にある地上12階地下1階の複合ビルである。

大須301ビル
OSU301
Osu-301.jpg
情報
用途 店舗、事務所、住宅
設計者 青島設計[1]
施工 鴻池組[1]
建築主 大須30番第1地区市街地再開発組合
管理運営 大須商業開発株式会社
構造形式 S造、一部SRC造RC造[1]
敷地面積 2,210.41 m²
建築面積 1,941.03 m² [1]建蔽率88%)
延床面積 14,809.35 m² [1]容積率670%)
階数 地上12階、地下1階[1]
竣工 2003年平成15年)12月[1]
開館開所 2003年(平成15年)12月6日
所在地 460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-30-60
座標 北緯35度9分31.91秒 東経136度54分19.39秒 / 北緯35.1588639度 東経136.9053861度 / 35.1588639; 136.9053861座標: 北緯35度9分31.91秒 東経136度54分19.39秒 / 北緯35.1588639度 東経136.9053861度 / 35.1588639; 136.9053861
テンプレートを表示

概要編集

大須30番第1地区第一種市街地再開発事業により2003年12月6日にオープンした複合ビルで1階から3階部分は商業施設が入り4、5階には病院や薬局6、7階にはオフィスが入る。なお、4階から12階はマンションとなっていて大須301ビルと一体化しているが、住所表示は異なる。

また、関連プロジェクトとして大須30番第2地区市街地再開発事業(万松寺ビル)がある。

店舗編集

6F - 7F オフィス編集

4F - 5F メディカルフロア編集

  • ききょう調剤薬局
  • まきクリニック
  • 大須メンタルクリニック
  • サンデンタル

3F フードフロア(旧大須中華街)編集

開業当初は複数の中華料理店台湾料理店が入店して「大須中華街」と呼称していたが、2009年11月30日をもって閉店となった。その後、競艇の場外券売り場としてオープンする予定であったが景気悪化で採算が合わないと判断したため計画を断念[2]。紆余曲折を経て現在はサイゼリヤなどが出店している。2011年夏以降、メイド喫茶や男装喫茶といったコスプレ系飲食店のほか、インド料理韓国料理の店も出店しており、唯一の中国料理店は2011年12月に出店した明和酒家のみである。

2F 大須バザール編集

  • e☆イヤホン
  • アレーナ(Arena)
  • エクステショップ cherry
  • 石の館
  • プリクラハウス Grape
  • トレーディングカード専門店アメニティードリーム
  • TEMPTU BODY ART・MALIBU

1F 大須名店街編集

B1F 大須エンターテイメント編集

過去に存在した店舗編集

  • YEP!SEOUL - 2Fに出店していたが、2015年8月23日閉店。

所在地編集

  • 愛知県名古屋市中区大須3-30-60

交通アクセス編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 実績紹介”. 株式会社鴻池組. 2013年9月10日閲覧。
  2. ^ 名古屋・大須の舟券売り場断念 景気悪化で採算合わず(2010年7月29日、中日新聞)
[ヘルプ]

外部リンク編集