メインメニューを開く

天まであがれ』(てんまであがれ)は、1974年10月5日から1975年3月29日までNET(現:テレビ朝日)系列で放送された学園ドラマ。全26回。放送時間は毎週土曜20:00 - 20:55JST)。

天まであがれ
ジャンル 学園ドラマ
企画 大広
脚本 高橋玄洋
演出 柴田敏行、佐藤勝
出演者 黒沢年男ほか
制作 NET東宝
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1974年10月5日 - 1975年3月29日
放送時間 土曜20:00 - 20:55
放送枠 テレビ朝日土曜8時枠の連続ドラマ
放送分 55分
回数 26
テンプレートを表示

なお1967年に『近鉄金曜劇場』(朝日放送制作・TBS系列)で放送された『天まであがれ』や、1982年1983年に『グランド劇場(現:土曜ドラマ)』(日本テレビ系列)で放送された『天まであがれ![1]との関係は無い。

概要編集

舞台は東京郊外のある小学校

久保田先生が産休に入り、その補助教師として仁科啓作が赴任した。啓作はあふれる情熱と強い正義感を持ち、それ故、教育の現状に不信を持って校長やベテラン教師たちと対立することもよくあった。そんな啓作ら世代、考えの違う教師たちを中心に、教師が生徒たちの気持ちをつかみ、そこから生まれる師弟愛、恋愛、友情などを描き、ドラマと共に正しい教育とは何かを探っていった。

当時、朝日新聞に連載されていた『いま学校で』を参考にして、教育現場が抱えていた様々な問題・テーマを一つ一つ取りあげ、ドラマ化していくという趣向であった[2]。脚本を担当した高橋玄洋も二児の父親であり、「自分の体験から現場の教育を考えていきたい」と話している[3]

出演者編集

スタッフ編集

サブタイトル編集

  1. 1974年10月5日 「塾はやめろ!」
  2. 1974年10月12日 「そんなばかな!」
  3. 1974年10月19日 「うんどうかい!」
  4. 1974年10月26日 「先生も人間だ!」
  5. 1974年11月2日 「障子に目あり!」
  6. 1974年11月9日 「教師の限界あたってくだけろ!」
  7. 1974年11月16日 「セックス教育それも先生のやくめ!?」
  8. 1974年11月23日 「ストライキ、先生はきらい!」
  9. 1974年11月30日 「リコール、裏切り者は消せ!」
  10. 1974年12月7日 「教師はつらい、プレゼント・リベート・アルバイト!」
  11. 1974年12月14日 「オール5つけちゃなぜ悪い!」
  12. 1974年12月21日 「女の先生はもうけっこう!」
  13. 1974年12月28日 「先生、やめないで!」
  14. 1975年1月4日 「日の丸・君が代・新年会」
  15. 1975年1月11日 「先生もめしのタネだ!」
  16. 1975年1月18日 「先生に点をつけろ!」
  17. 1975年1月25日 「私だって先生になれる!」
  18. 1975年2月1日 「両親教室」
  19. 1975年2月8日 「しんまい先生奮戦記!!」
  20. 1975年2月15日 「誰のために給食はある!」
  21. 1975年2月22日 「うちの子に限って!」
  22. 1975年3月1日 「欲しい先生、いらない先生」
  23. 1975年3月8日 「先生は忙し過ぎる!」
  24. 1975年3月15日 「お仕置きの限界!」
  25. 1975年3月22日 「担任あたりはずれ」
  26. 1975年3月29日 「仰げば尊し」

その後編集

脚注編集

  1. ^ 1983年放送の正式タイトルは『天まであがれ! 2』。
  2. ^ 1974年11月16日付 朝日新聞朝刊テレビ欄の番組紹介記事より。
  3. ^ 週刊TVガイド 1974年10月11日号での本番組の記事より。
  4. ^ 出典:同上
  5. ^ 30分特撮番組放送の時期も有り。

関連項目編集

NET 土曜20時枠
【当番組までドラマ、関西地区は腸捻転解消のため除く】
前番組 番組名 次番組
天まであがれ
宮田輝の日本縦断 ふるさと
【バラエティ番組】