メインメニューを開く

天使のはらわた 赤い淫画』(てんしのはらわた あかいいんが)は、池田敏春監督による1981年日本映画

天使のはらわた 赤い淫画
監督 池田敏春
脚本 石井隆
出演者 泉じゅん
阿部雅彦
音楽 甲斐八郎
撮影 前田米造
編集 川島章正
製作会社 にっかつ
配給 にっかつ
公開 日本の旗 1981年12月25日
上映時間 67分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 天使のはらわた 名美
次作 天使のはらわた 赤い眩暈
テンプレートを表示

日活ロマンポルノ製作の天使のはらわたシリーズ第4作目で、前作と同様に原作者の石井隆が脚本を手掛けている。


目次

スタッフ編集

キャスト編集

受賞編集

エピソード編集

  • 正月作品のため人が死ぬのはにっかつ側がNGとし、脚本の石井隆は会社の方針に折れ、準備稿でのラストを書き直すこととなった。
  • また別の事案で会社と衝突をした監督の池田敏春は、この作品を機ににっかつを退社。この後、長谷川和彦が率いるディレクターズ・カンパニーに参加し、1984年に公開されたディレクターズ・カンパニーの本格的劇映画第一作目である『人魚伝説』を監督する。
  • 監督の池田敏春は今作以降も、『魔性の香り』、『死霊の罠』、『ちぎれた愛の殺人』で3度石井隆とタッグを組んでいる。

外部リンク編集