メインメニューを開く

天使のウィンク」(てんしのウィンク)は、松田聖子の楽曲で、20枚目のシングルである。1985年1月30日にリリースされた

天使のウィンク
松田聖子シングル
初出アルバム『The 9th Wave
B面 七色のパドル
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBS・ソニー
(8cmCD含む)
ソニー・ミュージックレコーズ
(12cmCDのみ)
作詞・作曲 尾崎亜美
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1985年2月度月間1位(オリコン)
  • 1985年3月度月間5位(オリコン)
  • 1985年4月度月間14位(オリコン)
  • 1985年度年間10位(オリコン)[1]
  • 1位(ザ・ベストテン[2]
  • 1985年度上半期4位(ザ・ベストテン)[2]
  • 1985年度年間10位(ザ・ベストテン)[2]
  • 1位(ザ・トップテン
松田聖子 シングル 年表
ハートのイアリング
1984年
天使のウィンク
(1985年)
ボーイの季節
(1985年)
収録アルバムThe 9th Wave
さざなみウェディングロード
(7)
天使のウインク
(8)
ティーン・エイジ
(9)
テンプレートを表示

解説編集

  • 品番:07SH 1600(レコード)
  • 1989年には8cmCDとして、2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCD(レーベルゲートCD)として再びリリースされている。

収録曲編集

  1. 天使のウィンク
    (作詞・作曲:尾崎亜美 編曲:大村雅朗
    ダイハツ工業「新シャレードイメージソング
    前作まで永らく聖子の楽曲の作詞を担当していた松本隆にかわって尾崎亜美がシングルでは初めて作詞・作曲に起用された(それ以前にアルバム「Tinker Bell」収録曲の提供経験あり)。尾崎によると、84年の年末頃に楽曲提供の依頼を受けたが、話があった段階で締切は翌日までと告げられ、しかも作詞もして欲しいと言われ驚いたという。また、他のアーティストへの提供曲の中で一番思い入れのある曲だとも語っている。
    歌詞は複雑な構成になっており、恋に悩む女性と、そこに降り立つ天使という2人の目線が立ち代りで表れる。尾崎によると、冒頭と終わりの部分(一人称に「僕」が使われている部分)が天使の目線で語られている言葉である。
    当時の音楽番組は生演奏が基本となっていた時代であったものの、この曲に関しては生演奏をバックにして披露される事は非常に少なかった[要出典]
    聖子は本作発売後に神田正輝との結婚、歌手活動の休止を発表し、4月18日、『ザ・ベストテン』出演で涙ながらに本曲を歌唱したのが最後となった(次作「ボーイの季節」はテレビ披露されず)[3]。その後、年末の『第36回NHK紅白歌合戦』で本曲を披露したのを挟み、妊娠・出産を経て、翌年末の『第28回日本レコード大賞』と『第37回NHK紅白歌合戦』まで長期の活動休止期間に入る。
  2. 七色のパドル
    (作詞:小坂明子 作曲:NOBODY 編曲:大村雅朗)
    小坂明子提供曲。このシングルの発売数ヶ月前に聖子が『夜のヒットスタジオ』で、小坂の「あなた」を披露し、途中で涙した事があった。

その他編集

収録アルバム編集

カバーした歌手編集

脚注編集

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
  2. ^ a b c 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」P13,130,138
  3. ^ 中川, pp. 287-288.

参考文献編集

  • 中川右介『松田聖子と中森明菜 1980年代の革命』朝日新聞出版朝日文庫〉、2014年12月30日。ISBN 978-4-02-261814-6