メインメニューを開く

天使の恋』(てんしのこい)は、sinによる日本ケータイ小説、およびそれを原作とした映画である。

目次

概要編集

ケータイ小説サイトのおりおん☆で公開し、アクセス数は1300万PVである[1]

2009年に映画化され、佐々木希の初主演作として話題となる。2010年9月19日に『純愛編』、26日に『運命編』として2週に分けてテレビ朝日日曜ナイトドラマ枠で地上波初放送された。主題歌は伊藤由奈の「Let it Go」。2011年にはGREEにてソーシャルゲーム化されている[2]

物語編集

他人を惹きつける美しさとカリスマ性を持つ女子高生の小澤理央は、過去の出来事から人を信用することができず、お金のみに価値を見出し、利用できる人間としか付き合わずにいた。そんな理央が35歳の冴えない大学講師の小澤光輝と出会い、恋をする。初めて人を愛したことで、人間的な感情を取り戻し、変化をしていく理央だったが、光輝には彼女を受け入れられない事情があった。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

  • 主題歌:伊藤由奈「Let it Go」ソニーミュージックレコーズ
  • 挿入歌:LOVE PSYCHEDELICO「Beautiful days」「waltz」ビクターエンタテインメント
  • オープニングテーマ:indigo blue「I'm The One」インペリアルレコード

脚注編集

関連項目編集

 
ラストシーンのロケに使用された神戸駅(群馬県みどり市

外部リンク編集

テレビ朝日 日曜ナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
日韓共同ドラマ テレシネマ
(2010年8月8日 - 2010年9月12日)
天使の恋
(2010年9月19日 - 2010年9月26日)
霊能力者 小田霧響子の嘘
(2010年10月10日 - 2010年12月5日)