メインメニューを開く

天保六花撰(てんぽうろっかせん)は、二代目松林伯圓の創作による講談。また、これらの話に登場する六人の男女の総称でもある。後にフシ付け(浪曲化)され、木村重友初代友衛若衛と続く得意演題で、お家芸となっている。

この講談をもとに河竹黙阿弥歌舞伎化した演目に『天衣紛上野初花』(くもに まごう うえのの はつはな、通称『河内山と直侍』または『河内山』)がある。そのうち直侍と三千歳とのからみ部分のみを上演する際には、これを『雪暮夜入谷畦道』(ゆきの ゆうべ いりやの あぜみち、通称『三千歳と直侍』または『直侍』)と呼んでいる。

登場人物編集

「天保六歌撰」と呼ばれる6人は以下の通り:

  • 河内山宗俊(こうちやま そうしゅん)
御数寄屋坊主。強請たかりを生業にする。実在した強請り集りの茶坊主・河内山宗春 ( ? –1823) がモデル。
  • 片岡直次郎(かたおか なおじろう)
御家人くずれ。河内山の弟分でさまざまな悪事に手を染める。実在した小悪党「直侍」(なおざむらい)こと片岡直次郎 (1793–1832) がモデル。
  • 金子市之丞(かねこ いちのじょう)
剣客。
  • 森田屋清蔵(もりたや せいぞう)
盗賊の首領。海産物問屋を表向きの商売にしている。
  • 暗闇の丑松(くらやみの うしまつ)
博徒。直侍の弟分だが、後に裏切る。
  • 三千歳(みちとせ)
直侍買いなじみの娼妓。直侍の遺骸を引き取り回向院に葬る。実在した吉原大口屋の遊女「三千歳」(みちとせ)ことなを (1813–1884) がモデル。

関連項目編集