天室光育(てんしつこういく、文明2年(1470年) - 永禄6年6月23日1563年7月13日))は、戦国時代越後曹洞宗僧侶林泉寺六代住職

上杉謙信の師[1][2]天文13年(1534年)、柿崎景家に乞われ柿崎浜(現在の新潟県上越市柿崎区)に楞厳寺を開く。

永禄6年(1563年)に病没(享年93)。

脚注編集

  1. ^ 井上鋭夫 『謙信と信玄』至文堂、1964年、15頁。 
  2. ^ 花ヶ前盛明 『上杉謙信』新人物往来社、1991年、10頁。