天宮神社(あめのみやじんじゃ)は、静岡県周智郡森町にある神社旧社格県社

天宮神社
所在地 静岡県周智郡森町天宮576
位置 北緯34度50分38.6秒
東経137度56分03.6秒
座標: 北緯34度50分38.6秒 東経137度56分03.6秒
主祭神 田心姫命
市杵島姫命
湍津姫命
社格県社
創建 欽明天皇の時代
例祭 例大祭(毎年4月第1土・日曜日)
テンプレートを表示

祭神編集

概要編集

社伝では第29代欽明天皇の時代、小碓命の子孫である太田君と森君の一族が、祖先の遺跡を探し歩きこの地を定めて、筑紫国から宗像大神の神霊を迎えて、鎮斎されたことにはじまるという。天宮神社の十二段舞楽は705年(慶雲2年)に都から神官として赴任していた藤原綾足が京の十二段の舞楽が奉納したことのが始まりと伝られている[1]。現在は「遠江森町の舞楽」として国の重要無形民俗文化財に指定されている[2]

境内編集

本殿の東側にある神木であるナギの木は樹齢1,500年余とされており、本宮である宗像大社から分けられたと伝わっている[3]

現地情報編集

所在地

交通アクセス

周辺

脚注編集

出典編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集