メインメニューを開く

天尊(てんそん)は、


天尊は敦煌で発見された于闐語文書で確認される。現在史料で確認できる末年は5年だが、尉遅輸羅の在位期間中使用されたものと推測されている。

西暦・干支との対照表編集

参考文献編集

  • 李崇智『中国歴代年号考』(中華書局 2004年)
  • 孟凡人「五代宋初于闐王統考」(『中国辺疆史地研究』1992年第3期)

関連項目編集


前の元号:
同慶
于闐の元号 次の元号:
中興