メインメニューを開く

天応(てんのう)は、広島県呉市の一地区。呉市に編入される以前は安芸郡天応町(てんのうちょう)であった。

天応
てんのう
日章旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
自治体 呉市
旧自治体 天応町
面積
3.95km²
世帯数
1,948世帯
総人口
4,383
呉市統計書、平成25年度版)
人口密度
1,109.62人/km²
隣接地区 坂町吉浦昭和江田島市
呉市役所天応支所
北緯34度17分14秒 東経132度31分5秒 / 北緯34.28722度 東経132.51806度 / 34.28722; 132.51806座標: 北緯34度17分14秒 東経132度31分5秒 / 北緯34.28722度 東経132.51806度 / 34.28722; 132.51806
所在地 〒737-0876
広島県呉市広島県呉市天応宮町4番15号
リンク [天応市民センター 天応支所公式ページ]
天応の位置(広島県内)
天応
天応
テンプレートを表示

目次

地理編集

天応は呉市の西端(北西部)に位置し,広島市と呉市中心部の中間に位置する呉市の西の玄関口となっている。南は瀬戸内海に,残る三方は天狗城山をはじめとする3つの山に囲まれた,自然に恵まれた地域である。

    • 天狗城山(標高293m)
    • 天応山(標高49.5m)
    • 烏帽子岩山(標高407m)
  • 河川
    • 大屋川

歴史編集

沿革編集

  • 1874年 (明治 7年) 7月 - 公立小学校「更化館」開校
  • 1903年 (明治36年) 12月 - 呉線および「天応駅」開業
  • 1938年 (昭和13年) 10月 - 「広島~呉道路」開通
  • 1947年 (昭和22年) 4月 - 「大屋村立中学校」開校
  • 1951年 (昭和26年) 11月 - 町制施行。町名が「大屋村」から「天応町」となる。
  • 1956年 (昭和31年) 10月 - 呉市に合併,「呉市天応町」となる。
  • 1972年 (昭和47年) 5月 - 「天応公民館兼天応支所」新築移転
  • 1992年 (平成 4年) 3月 - 「呉ポートピアランド」オープン
  • 1994年 (平成 6年) 4月 - 「天応浄化センター」オープン
  • 2000年 (平成12年) 7月 - 「呉ポートピアパーク」オープン
  • 2012年 (平成24年) 10月 - 新「天応市民センター」オープン

行政編集

経済編集

産業編集

商業施設編集

地域編集

教育編集

  • 呉市立天応小学校
  • 呉市立天応中学校

名所・旧跡・観光スポット編集

  • 深山の滝 (みやまのたき)
  • 田中八幡神社 (たなかはちまんじんじゃ)
  • 安定寺 (あんじょうじ)
  • 呉ポートピアパーク

祭事・催事編集

  • 笹酒まつり 1月

交通編集

南北に国道31号線が通り、呉線が並行して走っている。駅は2つある。広島呉道路のインターチェンジがあり、山陽自動車道中国自動車道へ直接接続できる。広島市内へは車で約20分、呉市中心部へは15分で到着する位置にある。また、江田島市切串桟橋との定期航路があり、切串桟橋へは12分で到着する。

鉄道路線編集

路線バス編集

道路編集

船舶編集

関連項目編集

外部リンク編集