メインメニューを開く

天成(てんせい)は、五代の第2の王朝である後唐において李嗣源の治世で用いられた元号。926年4月 - 930年2月。

西暦・干支との対照表編集

関連項目編集


前の元号:
同光
中国の元号
後唐五代
次の元号:
長興