メインメニューを開く

天才作家の妻 40年目の真実』(原題:The Wife)は、2017年制作のスウェーデンイギリスアメリカ合衆国の映画ノーベル文学賞を題材としたサスペンス映画

天才作家の妻 40年目の真実
The Wife
監督 ビョルン・ルンゲ
脚本 ジェーン・アンダーソン
製作 ロザリー・スウェドリン
ミタ・ルイーズ・フォルデイガー
クローディア・ブリュームフーバー
ジョー・バムフォード
ピアース・テンペスト
製作総指揮 ジェーン・アンダーソン
ビョルン・ルンゲ
ゲロ・バウクネット
マーク・クーパー
フローリアン・ダーゲル
トマス・エスキルソン
ガード・シェパーズ
出演者 グレン・クローズ
ジョナサン・プライス
クリスチャン・スレーター
音楽 ジョスリン・プーク
撮影 ウルフ・ブラントース
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年8月17日
イギリスの旗 2018年9月28日
日本の旗 2019年1月26日[1]
上映時間 101分
製作国  スウェーデン
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,964,144[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

“現代文学の巨匠”と呼ばれているアメリカの作家ジョゼフはノーベル文学賞を授与されることになり、妻のジョーンと息子と共に、授賞式が行われるストックホルムにやってきた。

だが、彼らの前に記者ナサニエルが現れたことで状況は一変する。ナサニエルはかねてからジョゼフの経歴に疑いを抱いており、彼らを執拗に追い回し、問いただす。

実はジョーンは豊かな文才に恵まれており、かつて作家を志していたが、あることがきっかけでそれを断念していた。ジョゼフと結婚後、ジョーンは夫の“ゴーストライター”として、世界的作家となる彼の成功を支えてきていたのだった。これまで一見完璧に見えた2人の関係が、ジョゼフのノーベル文学賞受賞をきっかけに崩壊していく。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集