天才劇団バカバッカ

天才劇団バカバッカ(てんさいげきだんバカバッカ)は、日本劇団2009年10月結成、東京を中心に活動している。

概要編集

座長は、国民的アニメ「ドラえもん」でジャイアン役を務める声優・木村昴。老若男女に届けるべく「わかってても笑える。わかってても泣ける。」をテーマに掲げ、日本では珍しい多人種多国籍多言語で構成する「無国籍コメディ」を上演している。Vol.17「COLORS」では結成以来最多の観客動員数となる2500人を記録し注目を浴びはじめている。ちなみに、『天才劇団バカバッカ』の名付け親は、声優の関智一氏(スネ夫)である。

余談だが、旗揚げ当初の劇団名は「TEAM マッシュルームカット」だった。木村ともう1人の劇団員と2人で旗揚げ公演を企画し、木村が関に劇団名の相談をしていたが、名前が決まらないまま劇場への提出期限を迎えてしまう。取り急ぎ決めたものの納得いかなかった為、現在の劇団名へ変更。

劇団員編集

役者編集

スタッフ編集

本公演編集

2009年編集

  • 10月30日~11月1日
Vol.1『40%』 新宿サニーサイドシアター ※旗揚げ公演

2010年編集

  • 5月13日~5月16日 
Vol.2『発砲事件。』 荻窪メガバックスシアター
  • 10月22日~10月24日 
Vol.3『いんしつ』 明石スタジオ

2011年編集

  • 2月10日~2月13日 
Vol.4『このヨル、あけないで』 明石スタジオ
  • 5月25日~5月29日
Vol.5『欲しけりゃくれてやる』 劇場MOMO
  • 12月21~12月25日
Vol.6『マイリトルシスター』 萬劇場

2012年編集

  • 3月21日~3月25日
Vol.7『センス・オブ・ワンダー』 テアトルBONBON
  • 8月5日~8月9日
Vol.8『ファミリー・ウォーズ』 ザ・ポケット
  • 12月5日~12月9日
Vol.9『トラベラー』 シアターグリーン Big Tree Theater

2013年編集

  • 4月18日~4月29日
Vol.10『ウェルカム・ホーム』 テアトルBONBON
  • 7月31日~8月4日
Vol.11『タイム・アフター・タイム』 ザ・ポケット
  • 12月11日~12月15日
Vol.12『ザ・ランド・オブ・レイインボウズ』 六行会ホール

2014年編集

  • 4月9日~4月13日
Vol.13『POLYNPIC TOKYO!』 吉祥寺シアター
  • 7月24日~7月27日
Vol.14『グッドモーニング、アイスパーソン』 東京芸術劇場シアターウエスト

2015年編集

  • 3月11日〜3月17日
Vol.15『ハッピー・ウェディング!』 六行会ホール
  • 12月9日~12月13日
Vol.16『ホテル・プラチナアイランド』 六行会ホール

2016年編集

  • 6月10日~6月19日
Vol.17『COLORS』 吉祥寺シアター
  • 11月16日~11月27日
Vol.18『DADDY WHO?再演』 サンモールスタジオ

2017年編集

  • 6月3~6月4日
初ツアー公演『DADDY WHO? in 名古屋』 青少年文化センター・アートピアホール

2018年編集

  • 2月23日~3月4日
Vol.19『BADASS PSY-KICKS! バッドアス サイキックス』 六行会ホール
  • 10月31日〜11月4日
Vol.20『GOD’S AND DEATH』 ラゾーナ川崎プラザソル

2019年編集

  • 10月10日〜10月14日
10周年記念公演Vol.21『DAWN DAWGS 〜朝焼けの旅路〜』 こくみん共済 coop ホールスペース・ゼロ

2020年編集

  • 10月28日〜11月3日
Vol.22『ヴァンダフルワールド』 こくみん共済 coop ホールスペース・ゼロ

番外公演編集

2011年編集

  • 8月26日~8月28日
Vol.1『ひーろー』~天才劇団バカバッカ×AKATUSKI Projectコラボ公演 "PLAY for Japan"~ 明石スタジオ
  • 10月4日~10月9日
Vol.2『Birthday』~藝術劇団バカバッカ BAKA meets ART~ Gallery LE DECO

2015年編集

  • 8月26日~9月13日
Vol.3 『DADDY WHO?』 (テアトルBONBON)

外部リンク編集