天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)は、日本神話に登場する

天押雲根命

神祇 天津神
全名 天押雲根命
別名 天押雲命、天村雲命、天二上命、後小橋命
神格 水、農業
天児屋命または櫛真智命
天美豆玉照比売命または栲幡千々姫命
兄弟姉妹 栲幡千々姫命
配偶者 阿俾良依姫命または迦賀和加比売命
天種子命天波与命
神社 春日大社大村神社
関連氏族 中臣氏藤原氏大中臣氏卜部氏伊勢国造
テンプレートを表示

概要編集

別名を天押雲命天村雲命(あめのむらくものみこと)[1][2][3]天二上命(あめのふたかみのみこと)[1]後小橋命(のちおばせのみこと)[1]と伝える。

『系図綜覧』の「荒木田氏系図」によれば火瓊々杵尊の御宇の神であるとされる。「中臣寿詞」の伝承や摩氣神社の社伝、『大同本紀』、「中臣氏総系」[3]などの史料の記述を総合すると、天孫降臨のとき地上には未熟で荒い水しか存在せず、父の命によって天押雲根命が高天原より天津水(天忍石長井水)を持ち還り、この水を皇孫に奉ったとされる。これらの伝承では天牟羅雲命の神名で登場し、天二上命、後小橋命の命名記事が見える。

系譜編集

父は天児屋命または櫛真智命[4]で、母は豊甕玉命の娘・天美豆玉照比売命[5][2]、または栲幡千々姫命[1][2][3]とされる。

異説として己々登魂神(天児屋命の父)の娘・穂屋媛命(一般に饒速日命の娘で高倉下の妻、別名が大宮売神、栲幡千々姫命)を母とする系図も存在する[3]

妻は阿俾良依姫命[1][2][3]または国主稲積命の娘・迦賀和加比売命[5][2]で、子は天種子命(天多禰伎命)[6][1][3][5][2][4][7]とされる。

伊勢国造の系図には天牟羅雲命(天二上命、後小橋命)を天御雲命の子としている。また、天牟羅雲命の子として天波与命の名が見え、その子の天日別命は『伊勢国風土記』逸文で神武朝に伊勢へ派遣されたと伝わる[8]

祀る神社編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 中田憲信「赤堀」『諸系譜』第三冊。
  2. ^ a b c d e f 中田憲信「荒木家系譜」『諸系譜』第三十三冊。
  3. ^ a b c d e f 鈴木真年「中臣氏総系」『諸系譜』第三冊。
  4. ^ a b 鈴木真年「郡 姓評連」『諸氏家牒』、東京大学史料編纂所データベース。
  5. ^ a b c 中田憲信「宮處本系帳」『諸系譜』第十四冊。
  6. ^ 中田憲信「鹿嶋大宮司系図」『諸系譜』第一冊。
  7. ^ 早川純三郎「荒木田氏系図」『系図綜覧』巻二、国書刊行会、1915年、352頁。
  8. ^ 早川純三郎「度会氏系図」『系図綜覧』巻二、国書刊行会、1915年、396頁。

関連項目編集