天正(てんせい)は、南北朝時代南朝梁において豫章王蕭棟の治世に使用された元号である。551年

出来事編集

  • 元年8月:大宝より改元
  • 元年11月:太始に改元。

西暦・干支との対照表編集

天正 元年
西暦 551年
干支 辛未

関連項目編集

前の元号
大宝
中国の元号
梁 (南朝)
次の元号
太始侯景
承聖