天池 清次(あまいけ せいじ、1914年3月31日 - 2012年10月4日)は東京市(現東京都)出身の労働運動家。戦前の総同盟にも参加しており、戦後は総同盟の再建、全労会議、同盟(全日本労働総同盟)の結成に参画し、同盟の会長にも就任した。

経歴編集

東京市で父・由次郎、母・きまの3男として生まれる[1]直喜鉄工所入社、選挙運動に参加。1928年、総同盟神奈川鉄工組合第一支部に加入、神奈川労働学校に入校し学ぶ[1]

1929年、総同盟神奈川県連合会執行委員に就任[2][3]

1932年、日本鋼管鶴見製鉄所入社。賃金要求運動、選挙活動に従事[1]

1945年、総同盟神奈川県連合会副主事に就任[1]

1946年、総同盟神奈川県連合会主事に就任[2]

1959年、総主事に選出。総同盟と全国労働組合同盟との統合[1]

1962年、同盟会議を結成し書記長に就任[1]

1964年、全日本労働総同盟を発足させて書記長。1968年、副会長、1972年、会長を歴任、1980年、退任し顧問[1]

1967年に全金同盟(現・JAM)組合長に就任。1972年会長[1]

2012年10月4日、心不全のために死去[4]。98歳没。没日付で従三位

人物編集

一生を通じての労働運動であり、先見性と現実性を踏まえて、悪戦苦闘して生きてきた労働運動家である[5]

著書編集

  • 労働運動の証言―天池清次 (オーラルヒストリーシリーズ) (日本語) 単行本 – 2007/12/1 978-4921145170

著書・参考文献編集

  • 『労働運動の証言』 2002年刊行。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 天池 清次(あまいけ せいじ) 政策研究大学院大学
  2. ^ a b 『コンサイス日本人名辞典<改訂版>』(三省堂、1990)49頁
  3. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 50頁。
  4. ^ 天池清次氏が死去 元全日本労働総同盟会長 日本経済新聞 2012年10月5日閲覧
  5. ^ 労働運動の証言 説明文

外部リンク編集