天津漁港(あまつぎょこう)は、千葉県鴨川市天津の太平洋に面する第3種漁港である。南房総国定公園の区域内に位置し、外房地域漁業の生産拠点漁港に位置付けられている[1][2]

天津漁港
漁港周辺(手前は城崎海水浴場、奥が天津漁港)
漁港周辺(手前は城崎海水浴場、奥が天津漁港)
所在地
日本の旗 日本
所在地 千葉県鴨川市天津
座標 北緯35度7分22.8秒 東経140度9分39.5秒 / 北緯35.123000度 東経140.160972度 / 35.123000; 140.160972座標: 北緯35度7分22.8秒 東経140度9分39.5秒 / 北緯35.123000度 東経140.160972度 / 35.123000; 140.160972
詳細
開港 1962年10月25日
管理者 千葉県
種類 第3種漁港
漁港番号 1930050
漁業協同組合 東安房漁業協同組合
統計
公式サイト 天津漁港(千葉県)

概要編集

  • 管理者:千葉県
  • 漁業協同組合:東安房漁業協同組合(天津支所[3]
  • 漁港番号:1930050[4]

沿革編集

主な魚種編集

水揚げされる代表的な魚介類一覧[6]

主な漁業編集

勝浦沖漁場(北緯35度05分、東経140度20分、北緯35度52分、東経140度35分で囲まれた約600平方キロメートルの海域)を中心にキンメダイ漁業が盛んな地域の一つである。

1933年 - 1934年のキンメ漁の隻数は天津船4隻であり、 戦後に天津船が操業を開始すると、周辺地区の小型船もキンメ漁に参入し、操業隻数や釣り針数が増加していった[7]

天津ふるさと港まつり編集

天津漁港浜町下広場で8月に開催されるイベント[8]

会場には地域物産・飲食物販売ブースの出店あり、船万燈港内運航、ステージショー、ビアガーデン、花火の打ち上げなどを行う。

花火大会は2013年より開催され、約200発の花火が打ち上げられる[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 千葉県. “ちばの水産の概要” (日本語). 千葉県. 2019年7月18日閲覧。
  2. ^ 千葉県勝浦・館山・南部水産・漁港事務所「外房地域水産業振興方針(2018 - 2021)」、2018年3月、6頁
  3. ^ 天津支所 | 東安房漁業協同組合”. jf-higashiawa.or.jp. 2019年7月18日閲覧。
  4. ^ 漁港一覧:水産庁”. www.jfa.maff.go.jp. 2019年7月18日閲覧。
  5. ^ a b 千葉県. “天津漁港” (日本語). 千葉県. 2019年7月18日閲覧。
  6. ^ 千葉県. “さかなの特徴と写真” (日本語). 千葉県. 2019年7月17日閲覧。
  7. ^ アジア太平洋資料センター水産資源研究会「2008年度調査報告書 持続可能な漁業 資源管理と海洋環境保全」、2008年、10-11頁
  8. ^ 鴨川市小湊旅館業協同組合 天津小湊イベント情報”. www.kominato-ryokan.com. 2019年7月18日閲覧。
  9. ^ 天津ふるさと港まつり(千葉県)の詳細データ|ウォーカープラス” (日本語). ウォーカープラス(Walkerplus). 2019年7月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集