メインメニューを開く

天津町(あまつまち)は千葉県長狭郡(のち安房郡)にかつて存在したである。

天津町
廃止日 1955年2月11日
廃止理由 新設合併
天津町小湊町天津小湊町
現在の自治体 鴨川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
安房郡
面積 19.34km2.
総人口 8,021
(1950年、国勢調査
隣接自治体 安房郡鴨川町、小湊町
君津郡上総町夷隅郡大多喜町
天津町役場
所在地 千葉県安房郡天津町大字天津
外部リンク なし
天津町の位置(千葉県内)
天津町
 表示 ウィキプロジェクト

1889年(明治22年)、町村制の施行に伴い設置され、昭和の大合併に伴い廃止された。

目次

地理編集

 
現代の天津海岸(2011年)

現在の鴨川市域の東部に位置する。南は太平洋に面し、北には清澄山系が連なる。町域のほとんどが房総丘陵に含まれるがちな地形である。

現在の鴨川市域を、鴨川市成立時およびその後の合併時の町村によって4地区に区分する場合、「天津小湊地区」の一部に位置付けられており、その西部にあたる。鴨川市域を町村制施行当時の町村(旧町村)によって12地区に区分する場合は「天津地区」とされ[1]、現在の大字では天津(あまつ)・浜荻(はまおぎ)・浜荻元東飛地[注釈 1]・清澄(きよすみ)・四方木(よもぎ)が含まれる[1][注釈 2]

1926年(大正15年)時点の天津町は、東に湊村(のちの小湊町)、西に東条村、北は君津郡亀山村夷隅郡老川村と接していた[3]:1101。当時、町は天津浜荻清澄の3区に分けていた[3]:1101。なお、天津区はさらに引土・芝・城戸・浜・中・宿・谷・新の8町に、浜荻区は西・仲・東の3町に分けられていた[3]:1101

清澄山の北西に広がる四方木はもと上総国に含まれ、明治の町村制施行以来望陀郡(のち君津郡亀山村に属していた地区である。四方木が天津町に属していたのは、1954年6月の編入から、1955年2月に天津町自体が合併により廃止されるまでの半年間である。

歴史編集

前近代編集

清澄山(きよすみやま)の清澄寺(せいちょうじ)は平安時代に開かれた山岳信仰の寺で[注釈 3]日蓮がこの寺で出家得度し、また立教開宗を行った寺として知られている。清澄地区は江戸時代以前に村は置かれず、清澄寺の境内であった[3]:1101

天津は、古くは東条郷天津村を称した[3]:1101。天津村は、江戸時代初期に紀伊国の漁民が移住してイワシ漁を始めたといい[4][5]、漁業の拠点として著名であった[4]。天津港は、江戸時代には東廻海運の避難港としても使われた[4]

浜荻は、古くは東条郷東条村の一部で[3]:1101元和6年(1620年)に東条村から分村し浜荻村として成立した[6][注釈 4]

元文4年(1739年)5月、ロシアの日本探検船団の一隻が僚船とはぐれ、天津村の沖合に停泊。地元漁民がロシア船員を招いてもてなし、航海に必要な水を提供した(元文の黒船参照)。北海道を除いた場合の日本本土へのロシア人の初上陸である[注釈 5]

近代以後編集

 
安房郡域の町村制施行時の町村
(※1897年に平郡・朝夷郡・長狭郡を安房郡に編入)
1.北条町 2.館山町 3.豊津村 4.西岬村 5.富崎村 6.長尾村 7.豊房村 8.神戸村 9.館野村 10.九重村 11.稲都村
平郡】21.凪原村〔のち那古町〕 22.船形村 23.八束村 24.富浦村 25.岩井村 26.勝山村 27.保田村 28.佐久間村 29.平群村 30.滝田村 31.国府村
朝夷郡】41.白浜村 42.七浦村 43.曦村〔のち千倉町〕 44.健田村 45.千歳村 46.豊田村 47.丸村 48.北三原村 49.南三原村 50.和田村 51.江見村
長狭郡】61.太海村 62.大山村 63.吉尾村 64.由基村〔のち主基村〕 65.田原村 66.鴨川町 67.曽呂村 68.西条村 69.東条村 70.天津村 71.湊村〔のち小湊町〕
現在の行政区画
赤:館山市 桃:鴨川市 紫:南房総市 橙:鋸南町

1878年(明治11年)、千葉県に郡区町村編制法が施行されると、浜荻村、清澄村はそれぞれ単独で戸長役場を置いた。天津村は坂本村との連合戸長役場を置いたが、1881年(明治14年)に坂本村は天津村に編入された[注釈 6]。1884年(明治17年)に戸長役場の管轄変更が行われた際、天津村・清澄村が連合した[6]

1889年(明治22年)、町村制の施行にともない、天津村・浜荻村・清澄村が合併し、天津町が発足[6]。天津村が著名であるからこれを新村名とし、また家屋が連接して市街を形成していることから町とした[6]。この際、浜荻村内にあった東村の飛地と、東村内にあった浜荻村の飛地が交換された[6]

1929年(昭和4年)、房総線(現在の外房線にあたる)の上総興津駅 - 安房鴨川駅間が延伸開業し、安房天津駅が開業した。

1954年(昭和29年)、君津郡亀山村久留里町松丘村と合併して新自治体上総町を形成したが、この際に亀山村大字四方木は天津町に編入された。1955年小湊町と合併して天津小湊町の一部となり消滅した。

町域の変遷編集

変遷表

1868年
以前
明治14年 明治22年
4月1日
明治30年
4月1日
昭和29年
6月1日
昭和30年
2月11日
平成17年
2月11日
現在
長狭郡 天津村 天津村 天津町 安房郡
に編入
天津町 天津町 天津小湊町 鴨川市 鴨川市
根本村
浜荻村
清澄村
望陀郡 四方木村 亀山村
の一部
君津郡
が発足
亀山村
の一部
天津町
に編入

人口・世帯編集

人口編集

総数 [単位: 人]

1891年(明治24年)      7,231
1925年(大正14年)     6,638
1950年(昭和25年)     8,021


世帯編集

総数 [単位: 世帯]

1954年(大正14年)   1,515
1950年(昭和25年)     1,705


経済編集

1888年(明治21年)に記された分合取調文書によれば、清澄村は農業で、他の村は漁業と農業が主であったとある[6]

1926年(大正15年)の『安房郡誌』によれば、天津町は漁業を主とし、商業・農業がこれに次ぐという[3]:1102。海産物としてはイワシ・カツオ・ヒラメ・サバ・サンマが挙げられ、水産加工品としてイワシの煮干し、鰹節、干しイワシが列挙されている[3]:1102。このほか林産資源として松・杉の材木や、薪炭が挙げられている[3]:1102

交通編集

名所・旧跡・祭事編集

  • 天津神明宮(天津) - 旧社格は郷社
  • 清澄寺(清澄)[3]:1102
  • 農科大学演習林[3]:1102
  • 日澄寺(天津) - 工藤氏の館跡である天津城址に建てられたとされる。
  • 明神ノ鯛(天津) - 天津漁港沖の岩礁「明神礁」付近のクロダイ生息地。1935年(昭和10年)、県指定天然記念物
  • 葛ヶ崎城址[3]:1102

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 鴨川市統計書には挙げられているが、日本郵便の郵便番号検索には掲載がない。東条地区にはこれと対になる大字があるが、東元浜荻飛地(ひがしもとはまおぎとびち)と読まれている。
  2. ^ 大字の読みは日本郵便の郵便番号検索[2]による。
  3. ^ 平安時代には天台宗、江戸時代には真言宗に属し、1949年に日蓮宗に属した。
  4. ^ 東条村も参照。東条村の分割は元和4年(1618年)とも。
  5. ^ 2005年に「ロシア人上陸の地」碑が建てられている。
  6. ^ 坂本村はもともと天津村の一部であったが、慶長15年に里見氏によって清澄寺に寄進されたことによって分けられた村である[6]

出典編集

  1. ^ a b 大字別世帯数および人口 (pdf)”. 鴨川市統計書 平成28年版. 鴨川市役所. pp. 18-19. 2018年4月4日閲覧。
  2. ^ 郵便番号検索
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 千葉県安房郡教育会 編『千葉県安房郡誌』千葉県安房郡教育会、1926年。
  4. ^ a b c 天津小湊(町)”. 世界大百科事典 第2版(コトバンク所収). 平凡社. 2018年4月4日閲覧。
  5. ^ 山村順次. “天津小湊”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク所収). 小学館. 2018年4月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 「天津町」『明治22年千葉県町村分合資料 十八 長狭町村分合取調』、49-53頁。2018年4月4日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集