メインメニューを開く

天満駅

日本の大阪府大阪市北区にある西日本旅客鉄道の駅

天満駅(てんまえき)は、大阪府大阪市北区錦町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)大阪環状線である。駅番号はJR-O10。駅シンボルフラワーは「梅の花」である。

天満駅
Temma-Station2.jpg
外観(2006年6月撮影)
てんま
Temma
JR-O09 桜ノ宮 (0.8km)
(1.6km) 大阪 JR-O11
所在地 大阪市北区錦町1-20
駅番号 JR-O10
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 O 大阪環状線
キロ程 天王寺駅経由:20.1km(大阪起点)
電報略号 テマ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
26,433人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1895年明治28年)10月17日
乗換 扇町駅Osaka Metro堺筋線
備考 直営駅
みどりの窓口
阪 大阪市内
テンプレートを表示
上が内回り、左:桜ノ宮、右:大阪
駅北側の通路(2006年4月撮影)

概要編集

 
扇町・天神橋筋六丁目両駅への方向を案内する掲示。直通先の「阪急」の表記も見られる(2018年7月撮影)

直営駅で、京橋駅の管理下にあるが、地区駅として駅長が配置されており、当駅は桜ノ宮駅を管理している。アーバンネットワークエリアに含まれており、IC乗車券「ICOCA」を利用することができる(相互利用可能なICカードはICOCAの項を参照)。また、JRの特定都区市内制度における「大阪市内」に属する駅である。

天神橋筋商店街や天満市場の最寄り駅である。

接続する鉄道路線として、Osaka Metro堺筋線扇町駅(徒歩5分)のほか、阪急千里線Osaka Metro谷町線天神橋筋六丁目駅(天六駅、徒歩10分)も比較的近い。なお、後者については運賃の節約[注 1]や着席確保などの目的[要出典]から当駅との相互間で乗り継ぐ利用実態が往々にしてあり、当駅寄りの改札口には地理案内も掲示されている。

歴史編集

現在の大阪環状線の東半分となる区間は、大阪鉄道 (初代) の本線(現在の関西本線)と官設鉄道東海道本線の間を結ぶために建設されたが、その玉造駅 - 梅田駅(現在の大阪駅)間開業時に、京橋駅と共に設置されたのが天満駅であった。駅名は、駅南方一帯の地名「天満」(大阪天満宮に由来)に因んだものである。

駅構造編集

単式ホーム2面2線を有する高架駅で、分岐器絶対信号機がない停留所に分類される。改札・コンコースは1階、ホームは2階にある。改札口は1箇所のみ設置されている。

1933年の高架化より島式1面2線で現在の2番のりばに当たる部分しかホームはなかったが、1967年に現在の1番のりばが造られた。有効長は、1番線は10両編成分だが、10両編成の1号車と10号車部分は柵で仕切られ、立ち入りできない。2番線は8両編成分である。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 O 大阪環状線 内回り 大阪西九条方面
2 外回り 京橋鶴橋方面

発車メロディ編集

「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、2015年3月22日から大阪出身のaikoの楽曲「花火」が発車メロディとして使用されている[2]大阪天満宮で夏に開かれる天神祭に因んでいる。

利用状況編集

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員26,433人で、JR西日本の駅の中では六甲道駅に次いで第33位である[JR 1]

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 24,930 [* 1]
1991年(平成03年) 25,136 [* 2]
1992年(平成04年) 25,558 [* 3]
1993年(平成05年) 25,864 [* 4]
1994年(平成06年) 25,661 [* 5]
1995年(平成07年) 26,304 [* 6]
1996年(平成08年) 26,166 [* 7]
1997年(平成09年) 24,507 [* 8]
1998年(平成10年) 23,858 [* 9]
1999年(平成11年) 23,629 [* 10]
2000年(平成12年) 23,982 [* 11]
2001年(平成13年) 23,721 [* 12]
2002年(平成14年) 23,304 [* 13]
2003年(平成15年) 23,298 [* 14]
2004年(平成16年) 23,983 [* 15]
2005年(平成17年) 22,917 [* 16]
2006年(平成18年) 22,922 [* 17]
2007年(平成19年) 22,823 [* 18]
2008年(平成20年) 22,899 [* 19]
2009年(平成21年) 22,463 [* 20]
2010年(平成22年) 22,339 [* 21]
2011年(平成23年) 22,890 [* 22]
2012年(平成24年) 23,332 [* 23]
2013年(平成25年) 23,826 [* 24]
2014年(平成26年) 24,106 [* 25]
2015年(平成27年) 24,716 [* 26]
2016年(平成28年) 25,478 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 2]26,003 [* 28]
2018年(平成30年) [JR 1]26,433

駅周辺編集

 
天神橋筋商店街
 
カンテレ扇町スクエア
 
正道会館 総本部

駅北側には天満市場があり、天満市場と天神橋筋商店街の間に商店が密集しており、駅周辺は大規模な商店街となっている。また、飲食店も数多く存在しており、庶民的な市場・盛り場となっている。

路線バス編集

天神橋五丁目停留所(大阪シティバス

廃止された路線編集

隣の駅編集

西日本旅客鉄道(JR西日本)
O 大阪環状線
大和路快速・区間快速・関空快速・紀州路快速・快速・直通快速・普通
桜ノ宮駅 (JR-O09) - 天満駅 (JR-O10) - 大阪駅 (JR-O11)

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ 当駅から阪急淡路方面へ向かう場合、天六まで徒歩で移動した場合扇町から天六までのメトロ線の運賃分安価である。

出典編集

利用状況編集

  1. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府
  2. ^ 大阪市統計書 - 大阪市
データで見るJR西日本
  1. ^ a b データで見るJR西日本2019 (PDF)”. 2019年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月26日閲覧。
  2. ^ データで見るJR西日本2018 (PDF)”. 2019年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月26日閲覧。
大阪府統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集