メインメニューを開く

天火明命(アメノホアカリ)は、日本神話に登場するのひとつ。天火明命の子孫は「天孫族」とよばれる[1]。一般的には火明命と呼ばれることが多い。

呼び名編集

天火明命の別名は以下に挙げるものがあるとされるが、膽杵磯丹杵穂命や邇芸速日命は全くの別神であるため、後世の混同か。

  • 天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと、『先代旧事本紀』)
  • 天照國照彦天火明尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりのみこと)
  • 天照国照彦火明命(あまてるくにてるひこほあかりのみこと、『日本書紀』)
  • 天火明命(あめのほあかりのみこと、『古事記』)
  • 彦火明命
  • 火明命 (ほあかりのみこと、『日本書紀』)
  • 膽杵磯丹杵穂命(いきしにほのみこと)
  • 天照御魂神(あまてるみたまのかみ、『神社志料』)

系譜編集

古事記』及び『日本書紀』の一書によれば、天火明命は天忍穂耳命高木神の娘万幡豊秋津師比売命との間に生まれた子としている。これらの伝承において邇邇芸命は弟だが、『日本書紀』の別の一書では父としている。 

また『先代旧事本紀』では、穂積臣物部連の祖である饒速日命と同一神としているが、世代関係や活動地域から疑問が大きい[2]

一方、『播磨国風土記』では大汝命弩都比売との子とする。

後裔氏族編集

新撰姓氏録』では、天津彦根命天穂日命天道根命などの子孫と合わせて、天火明命の子孫を「天孫族」と称している。天孫族は高天原から尾張国丹波国にも移り、尾張氏津守氏海部氏丹波氏など多くの氏族の祖神とされ、『海部氏系図』(あまべしけいず)にも始祖としてその名が記されている。

一方、天香山命は本来は天孫族の系譜に存在せず、尾張氏、津守氏、海部氏、丹波氏などの氏族は大国主神綿津見神を祀る傾向にあることから、天火明命を祖とするのは系譜仮冒であると考える説がある。『海部氏系図』は後世の偽書であることが明らかであり[3]、上記四氏はいずれも天孫族ではなく海人族であるとされる。従って天香山命と高倉下は同一人物ではなく、どちらも天火明命の子ではないとされる。また尾張氏の系図には綿津見神の曾孫・高倉下を始祖とする系図があり、こちらが本来の系図であると考えられる[4]

穂積氏物部氏の祖である饒速日命と同一ともいわれる[5]。但し、饒速日命と天火明命の同一を否定し、また、饒速日命を邇邇芸命の兄とするのは両者を連結するための創作・強弁であるとする研究もある[6]。実際に、饒速日命が神武天皇の一世代前にあたるため、神武天皇の三世代前(二世代前)にあたる天火明命と同一神にはなりえない。また『姓氏録』では天火明命の子孫は「天孫」とする一方、饒速日命の子孫は「天神」と区別している。

字義編集

名前の「天照国照」「火明」からわかるように太陽光や熱の神格化である。また、『古事記伝』では「ホアカリ」は「穂赤熟」で、稲穂が熟して赤らむ意味としており、天皇に繋る他の神と同様、稲に関係のある名前でもあり、太陽神、農業神として信仰されている。 このようなことから天穂日命の系譜、つまり天津神系の出雲神を源流としていることが伺える。

「天照」の名があるが「天照大神」とは別の神である。元伊勢籠神社では、主祭神を「天照国照彦火明命」とし、相殿神に「天照大神」としてそれぞれ別の神としている[7]

主な神社編集

また全国の天照御魂神社は天火明命を祀るところが多い。

脚注編集

  1. ^ 新撰姓氏録
  2. ^ 宝賀寿男初期物部氏の系譜 (1)」『古樹紀之房間』、2007年。
  3. ^ 宝賀寿男「国宝「海部氏系図」への疑問」『古樹紀之房間』、2006年。
  4. ^ 宝賀寿男「丹後の海部氏の出自とその一族」『古樹紀之房間』、2006年。
  5. ^ 先代旧事本紀
  6. ^ 戸矢学「ニギハヤヒ 『先代旧事本紀』から探る物部氏の祖神」河出書房新社、2011年12月30日 ISBN 978-4-309-22556-2
  7. ^ 籠神社HP・ご祭神より。

関連項目編集