メインメニューを開く

天璋院付き大奥女中(てんしょういんつき おおおくじょちゅう)では、江戸幕府13代将軍徳川家定の正室天璋院に仕えた大奥女中を詳述する。なお紹介は史料上の最終役職順で羅列する。

上臈御年寄編集

常盤井(ときわい、生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。初名は高辻。出自は不明。宿元は表高家の中条信汎

当初は徳川家祥室・寿明姫付きの上臈御年寄江戸城西の丸の老女であったが、寿明姫没後は詰となった。家祥の将軍就任に従って本丸に進んでいる。安政3年(1856年徳川家定室として篤姫が大奥に入ると、篤姫付きの上臈御年寄となった。文久頃までには大奥を致仕している。

御年寄編集

初瀬(はつせ、生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。初名は粂山。父は旗本榊原氏。宿元は甥の榊原七郎右衛門

当初は徳川家祥室・寿明姫付きの中年寄で江戸城西の丸にいたが、寿明姫没後は詰となった。家祥の将軍就任に従って本丸に進んでいる。安政3年(1856年)徳川家定室として篤姫が大奥に入ると、ともに大奥に入っていた幾島とともに篤姫付きの御年寄となった。文久頃までには大奥を致仕している。


瀧井(たきい、生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。初名は岩野。父は旗本熊倉茂高

安政3年(1856年)篤姫が13代将軍徳川家定の後室として大奥に入ると、付きの中年寄として篤姫に仕えた。後に昇進して御年寄となり、名も瀧井と改名している。


つぼね

中年寄編集

川井(かわい、生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。祖父は関正秀か。弟に小姓組を務めた関十蔵がいる。

安政3年(1856年)篤姫が13代将軍徳川家定の後室として大奥に入ると、付きの中年寄として篤姫に仕えた。文久3年(1863年)江戸城で火事があり、西の丸、次いで本丸・二の丸が焼失するに伴って、多くの女中たちとともに暇を出された。しかし3年間は諸手当を保証されていたという。


歌川(うたがわ、生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。初名ふく。父は旗本岡野氏。宿元は又甥の岡野福次郎

将軍徳川家定室となった篤姫付きの御中臈として仕えた。後に御中臈頭となり歌川と改名、さらに中年寄まで出世した。

御中臈編集

袖村(そでむら、生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。初名みや。祖父は青木兼鑑か。弟に小普請を勤めた青木熊之助がいる。

13代将軍徳川家定室の天璋院に御中臈として仕えた。元治元年(1864年)には御中臈筆頭となっている。


くわ(生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。旗本土屋忠兵衛の娘。宿元は甥で御小姓組を勤めた土屋国之丞

将軍徳川家定室となった篤姫の御中臈として仕えた。安政末には名前が見られなくなり、致仕したものと見られる。


かよ(生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。沢仁兵衛の娘。宿元は父で小十人組を勤めた沢仁兵衛。祖父は沢実久

将軍徳川家定室となった篤姫の御中臈として仕えた。篤姫の大奥入りより仕え、文久2年度の女中分限帳にも名前が見られる。翌年の大量女中解雇のリストには名前が見えないので以降も天璋院に仕えていたものと思われる。


つよ(生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。旗本太田氏の娘。宿元は兄で小普請などを勤めた太田勝太郎

当初は13代将軍徳川家定付きの御中臈として仕えた。安政4年(1857年)家定室天璋院付きの御中臈となるが、文久2年(1862年)御中臈増人に降格されている。翌年の女中大量解雇時に徳川家茂室の和宮付きのつよが解雇されているので、それ以前に改名、あるいは致仕している物と思われる。


さか天保6年(1835年) - 没年不詳)は、幕末から明治期の徳川家の女中。父は薩摩藩士仙波氏。維新後の雅号として「よしこ」を用いた。

兄は薩摩藩の奥に仕えた仙波市左衛門弘化から嘉永頃、10代半ばで薩摩藩に仕えた。藩主島津斉彬の娘篤姫(天璋院)に従い、安政3年(1856年)付きの御中臈として大奥に入る。江戸城開城以降も天璋院に従って千駄ヶ谷に移り、以後も側近くで仕えた。天璋院の没後は、その命日に欠かさず寛永寺に参ったという。その後も女中頭として徳川家に仕え、家達の代まで徳川家にいた事が知られる。大正頃には名前が見られなくなるので、亡くなったか致仕したものと思われる。


ませ

表使編集

福田(ふくだ、生没年不詳)は、幕末の江戸幕府大奥女中。原田氏の娘。宿元は甥の原田八十一郎

安政3年(1856年)篤姫が13代将軍徳川家定の後室として大奥に入ると、付きの表使として篤姫に仕えた。篤姫の落飾後も引き続き仕えている。