天界(てんかい)とは、東亜天文学会(略称:OAA)の機関誌である。月刊

概要編集

1920年11月に第1巻第1号が発行された。創刊時の『天界』の発行団体は「東亜天文学会」ではなく「天文同好会」と称していた[1]。その後天文同好会は1932年10月15日に「東亜天文協会」と名称を改めたが[2]、機関誌の名称は引き続き『天界』のままであった。1943年頃に東亜天文協会の創立者・山本一清の決断により「東亜天文協会」から「東亜天文学会」に改称、機関誌の名称も『天界』から『天文学雑誌』に改称した[3]第二次世界大戦終戦後、『天文学雑誌』は再び『天界』名に戻った[4]。ただ会の名前は度々変更することは好ましくないため、そのまま「東亜天文学会」の名を用い続けることになった[5]

『天界』はOAA会員には毎月郵送で届けられる[6]

参考文献編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『改訂版 日本アマチュア天文史』、8頁。
  2. ^ 『改訂版 日本アマチュア天文史』、18頁。
  3. ^ 『改訂版 日本アマチュア天文史』、326頁。
  4. ^ 『改訂版 日本アマチュア天文史』、334頁。
  5. ^ 東亜天文学会50年の沿革 - OAA公式サイト内のページ。『天界』1970年12月号にOAA創立50周年を記念して掲載された記事をネット上に再掲載したもの。
  6. ^ 東亜天文学会・機関誌「天界」 - OAA公式サイト内のページ。

関連項目編集