メインメニューを開く

天目(てんもく、1256年(建長7年) - 1337年6月3日〈延元2年4月26日〉)は、鎌倉時代日蓮宗。中老僧の一人。美濃阿闍梨と号する。日盛上法房とも称する。

略歴編集

伊豆国波多野の住人とされ、有力な檀越・熱原神四郎の外孫とされる。1282年(弘安5年)日蓮から曼荼羅を授与される。日蓮没後、日蓮遺文の蒐集の必要性や本迹勝劣の是非を巡って、同じく本迹勝劣を奉じる日弁とともに日昭日朗日興日向六老僧と争った。その教義は、日弁の系統に引き継がれたとされている。その後、若田辺光益の庇護を受ける。鎌倉本興寺品川妙国寺佐野妙顕寺小勝本門寺などを創建した。常陸国笠間にて亡くなり小勝本門寺に葬られた。没年については、1308年(延慶1年)説もある。著書に『円極実義抄』・『本迹問答七重義』などがある。

関連項目編集