メインメニューを開く

天神屋(てんじんや)は、静岡市駿河区曲金五丁目に本社[1]を置く、日本弁当惣菜販売のチェーン店。

株式会社 天神屋
Tenjinya CO.,LTD.
Tenjinya CO.,LTD. Headquarter.JPG
曲金店
種類 株式会社
略称 テンジンヤ
本社所在地 日本の旗 日本
422-8006
静岡市駿河区曲金5丁目1番1号
設立 1954年11月
業種 食料品
法人番号 4080001003602
事業内容 弁当、惣菜、料理などの製造販売
和風レストラン、コンビニエンスストアの経営
代表者 代表取締役社長 渡辺茂
資本金 1億円
外部リンク https://tenjinya.com/
テンプレートを表示

目次

社歴概要編集

  • 明治時代 静岡市伝馬町でひな人形店 天神屋を営む
  • 1954年(昭和29年)11月 まかないで作っていた、とりめしむすびが評判になり惣菜店 天神屋を静岡市葵区伝馬町に創業。とりめしむすび、赤飯むすび、いなり寿司、のり巻き、おでんを販売。
  • 1959年(昭和34年)地元スーパーで卸し販売を始める。
  • 1961年(昭和36年)両替町店出店
  • 1963年(昭和38年)清水七ツ新屋店出店
  • 1964年(昭和39年)清水銀座店出店
  • 1967年(昭和42年)沼津市に工場建設
  • 1971年(昭和46年)清水工場新設、浜松工場新設
  • 1972年(昭和47年)藤枝工場新設
  • 1974年(昭和49年)富士工場新設
  • 1975年(昭和50年)8月 静岡市曲金5丁目に静岡工場を新設、本社を静岡工場内に移転。車社会に合わせ郊外型の駐車場完備の店舗を展開
  • 1976年(昭和51年)5月 三島工場新設。社内にマイコン課設立。製造から販売までコンピューター管理システムを開発。
  • 1982年(昭和57年)5月 和風レストラン1号店 富士田島店オープン
  • 1984年(昭和59年)7月 和風レストラン曲金本店オープン、本社を曲金本店ビルに移転
  • 1989年(平成元年)販売方法を対面式からチョイス式に変更
  • 1991年(平成3年)9月 焼津工場稼働
  • 1997年平成9年)9月 静岡工場・清水工場の統合、焼津工場・藤枝工場の統合。かねてより赤字経営が続いていた同業他社の「あさひや」(県西部のみ店舗展開)を吸収合併した。なお、合併前も天神屋独自に県西部でロードサイド店を展開をしていた。
  • 2000年(平成12年)60店舗展開
  • 2001年(平成13年)米久グループである時之栖の子会社となる。
  • 2002年(平成14年)8月 会員カード導入
  • 2003年(平成15年)100店舗展開
  • 2004年(平成16年)4月 静岡工房を焼津工房と統合し、焼津工房の名称を静岡工房に変更
  • 2012年(平成24年)4月 新東名自動車道SAPAに8店舗出店
  • 2013年(平成25年)会員カード廃止(社員が試食して決める厳選国産米に変更)
  • 2014年(平成26年)吸収合併した旧「あさひや」の店舗では、食堂スタイルやメニュー(あさひやの人気メニュは、カツカレー、そば、うどん)を踏襲していたが、4月13日の笠井街道恒武町の閉店を以って、西部地区のロードサイド店の経営から撤退した。これに伴って旧「あさひや」で展開していた店舗が全て消滅し県中東部のみの展開となる。
  • 2016年(平成28年)29店舗まで減少(不採算店舗の閉店等の経営合理化)
  • 2017年(平成29年)5月に既存株式の100%減資と、エクリプス日高[2]を引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施、時之栖を離れてエクリプス日高の子会社として経営再建を行っていくことが発表された。[3](主力商品の国産化)
  • 2018年(平成30年)12月 27店舗展開
  • 2019年11月 創業65周年を迎える。

人気メニュー編集

おむすびや静岡おでんが有名。

おむすび編集

  • 天神屋の店舗では「静岡はおむすび県」の建て看板を立てている。
2002年(平成14年)から、「げんこつむすび」なる丸型の大きなおむすびが登場している。
  • たぬきむすび - 天かす、ネギ、醤油を混ぜたもので、賄い料理から商品化された。

静岡おでん編集

  • 季節問わず一年中買うことが出来る。
  • 店先には「静岡名物 しぞーかおでん」の白い提灯を掲げている。

キャッチフレーズ編集

その他編集

  • IAIスタジアム日本平の場内では天神屋の立て看板が建っている。
  • 赤い屋根にの模様がトレードマーク。
  • 浜松市等、県西部地区では、旧「あさひや」時代からの名残で、ラーメン蕎麦うどん類や、定食、丼物を食べることが出来るレストランも併設されていた。
  • 天神屋会員カードという物がかつて存在しており、カード発行料は105円で1年間有効。内容はおむすびが1個84円で購入出来る(毎月6、16、26日は1個74円)物であったが、2013年2月28日をもって終了した。
  • 2012年には新東名高速道路の開通に合わせ、NEOPASA駿河湾沼津、NEOPASA静岡、NEOPASA浜松、掛川パーキングエリアにも出店している。

出店地域編集

  • 静岡地区 11店舗
  • 静岡県東部地区 5店舗
  • 静岡県中遠地区 2店舗
  • 新東名サービスエリア・パーキングエリア 8店舗
  • その他店舗 1店舗

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 同社では、本社のことを「サポートオフィス」と称している。
  2. ^ 静岡県内で大井川鐵道の経営権を名古屋鉄道から譲受し、経営再建を行ったことで話題を呼んでいる。これとともに天神屋を子会社とすることで大井川鐵道の供食サービスを行うこととしている。
  3. ^ 株主交代と資金調達実施のお知らせ

外部リンク編集