メインメニューを開く

天草灘

日本の九州の西、天草諸島の沖にある海域
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

天草灘(あまくさなだ)は、九州西岸の長崎県南部・熊本県西部・鹿児島県北西部に跨る海域。

天草灘
天草灘の位置(日本内)
天草灘
天草灘
天草灘の位置(東シナ海内)
天草灘
天草灘
天草灘の位置(九州内)
天草灘
天草灘
天草灘(およその位置)
座標 北緯32度20分 東経129度50分 / 北緯32.333度 東経129.833度 / 32.333; 129.833座標: 北緯32度20分 東経129度50分 / 北緯32.333度 東経129.833度 / 32.333; 129.833
親水域 東シナ海
海洋 太平洋
日本の旗 日本

天草下島島原半島-長崎半島南端・福江島男女群島で囲まれた海域を指すが、一般には天草下島西方に分布する大陸棚とその縁辺にあたる海域を指す[1][2]海上保安庁が発行する日本の水路図誌海図)にも掲載されている[3]

付近は海岸線が大きく入り組んでいるため、福江島南東の黄島甑島列島上甑島の間に基線が設定されている[4]。これより北東側は海洋法上日本の内水内海)とみなされ、この基線から南西側12海里(約22.2km)までが日本の領海であり、通常より広くとられている。

沿岸自治体は熊本県天草市苓北町、長崎県南島原市雲仙市諫早市長崎市五島市、鹿児島県長島町阿久根市薩摩川内市が該当する。

南と西は東シナ海に開けている。南東部は甑島列島の上甑島で、薩摩半島基部との間は甑海峡とも呼ばれる海域。東部は天草下島と鹿児島県長島の間から八代海に繋がり、天草下島に羊角湾が切れこむ。天草下島と島原半島の間の早崎瀬戸から有明海・八代海へ繋がり、その北の長崎半島と島原半島に囲まれた海域は橘湾(千々石湾)と呼ばれる。北の福江島と長崎半島の間は五島灘・角力灘へ繋がる。

五島西方沖を北上する対馬海流の分流が流れこみ、沿岸の気候は温暖である。沿岸漁業が盛んに行われ、イワシ類・サバマダイシイライセエビタコイカ類などが漁獲される。なお、梅雨から夏にかけては塩分の低い沿岸水が表層に溜まり「二重潮」が発生することがある。二重潮では漁網が浮き上がる・ねじれるなどの現象が起こる[1][2]

沿岸は奇岩・海食洞・岩礁が連続し、雲仙天草国立公園の富岡・天草・牛深の3海中公園がある。風光明媚な海岸で知られ、天草下島の妙見浦は国の名勝にも指定されている。林芙美子の小説『天草灘』や、江戸時代陽明学者である頼山陽の詩文などにも取り上げられている。また、ミナミハンドウイルカの群れが生息し、ドルフィンウォッチングも行われている(有明海も参照)。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 井上尚文,1984.『長崎県大百科事典』 長崎新聞
  2. ^ a b 『角川日本地名大辞典 42 長崎県』1987年 ISBN 9784040014203
  3. ^ 海の相談室 FAQ 灘ってなに?」、海上保安庁 海洋情報部、2017年9月10日閲覧
  4. ^ 「管轄海域情報~日本の領海~ 直線基線 九区域 九州:都井岬~鳥屋鼻」、海上保安庁 海洋情報部、2017年9月10日閲覧