メインメニューを開く

天表春命天下春命(あめのうわはるのみこと・あめのしたはるのみこと)は、日本神話に登場する

天表春命

神祇 天津神
全名 天表春命
別名 天上腹?
八意思兼神
阿豆佐美命大久延建男命
神社 戸隠神社阿智神社など
関連氏族 阿智祝部知々夫国造
テンプレートを表示
天下春命

神祇 天津神
全名 天下春命
別名 天下腹?
八意思兼神
神社 小野神社小野神社など
関連氏族 壱岐県主知々夫国造
テンプレートを表示

概要編集

天表春命は天上春命とも表記する。

先代旧事本紀』(「天神本紀」)によると、両神は共に八意思兼神御子神で、饒速日命天磐船に乗って天降った時、護衛として随従した32柱の神の2柱とされる。

天表春命は信乃阿智祝部(しなののあちのほうりべ)等の先祖とされ、天下春命は天表春命の弟神と見られ[1]知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ)の先祖とされる。また大伴部氏の祖ともいわれる。初代知々夫国造は天下春命の7世孫知々夫彦命で、崇神天皇の御代に国造職を賜ったとされるが、小町谷家の系図では天表春命の9世孫で、倭建命の妻となった押媛命と同世代(成務天皇朝)とされる。

なお『高橋氏文』に「知々夫(秩父)国造の上祖、天上腹天下腹人」と見える人名は、この両神に関係があると見られている[2]

系譜編集

思金神の御子神、または天児屋命の御子神とされる。

信仰編集

天表春命は開拓、学問、技芸、裁縫、安産、婦女子の守護神として信仰されており、阿智神社長野県下伊那郡阿智村)や、戸隠神社宝光社(長野県長野市)などに祀られている。

天下春命は開墾の神として祀られる事が多く、東京都多摩市小野神社府中市小野神社などに祀られている。

出典・脚注編集

  1. ^ 天神本紀」には「八意思兼神の児、表春命(中略)次に下春命」とある。
  2. ^ 田中卓「第一次天孫降臨とニギハヤヒの命の東征」(『社会問題研究』7ノ1、大阪社会事業短期大学、昭和32年所収)