メインメニューを開く

概要編集

天覧山は、山麓にある能仁寺愛宕権現を祀っていたので、もとは愛宕山と呼ばれた。それが時代を下り、徳川五代将軍綱吉の病気平癒のお礼に、生母桂昌院十六羅漢の石仏を奉納したので、羅漢山と呼ばれるようになった。それが1883年(明治16年)4月18日に、山麓で行なわれた近衛兵春季小演習を明治天皇がこの山頂から統監したことにより、天覧山と呼ばれるようになり[1][2]、行幸記念碑が建てられている。 標高は低いが頂上からの眺望はよく、飯能市街が一望できるのはもちろん、奥武蔵・奥多摩の山々のほか、遠く富士山を望むこともできる。史跡や文化財も点在し、春の桜、初夏のツツジ、秋の紅葉など一年を通じ見るものも多く、老若男女に親しまれている。 付近の飯能河原、多峰主山宮沢湖巾着田などとあわせたハイキングも楽しい。 飯能駅から登り口まで徒歩約20分、バスなら天覧山下バス停から登り口まで徒歩約5分、頂上まではそこから20分程度。

飯能市内の日本酒蔵、五十嵐酒造では主要銘柄名を「天覧山」として販売しており、Tシャツなどのグッズも展開している。

自然編集

ムササビタヌキなどが生息している。谷戸の湿地帯では、周辺では希少種となったヘイケボタルホトケドジョウトウキョウサンショウウオなども生息し、地元の団体により環境保護が行われている。 ヤマツツジサツキの自然交配種と言われる「ハンノウツツジ」が1915年に発見された。ヤマツツジと比べると花期が遅く、サツキと異なり冬になると落葉するなどの特徴がある。 天覧山と多峰主山を結ぶ見返り坂では、1926年新種の「ハンノウザサ」が発見され、埼玉県指定天然記念物として保護されている(現在ではアズマザサと同一と言われている)。シソ科のオカタツナミソウも日本で初めて天覧山で発見された。[3]

ヤマノススメの舞台編集

飯能が舞台の漫画・アニメ ヤマノススメでは作中に何度も登場することから、いわゆる「聖地巡礼」として近年では訪れるファンも多い。天覧山の中段のあずま屋には交流ノートも置かれている。登山道東側にある作中にも登場したコンビニエンスストアタイムズマート飯能店(地図)では、入口にはキャラクターの看板、店内には専用のコーナーがあり、人形や同人誌・交流ノートなどが並び、ファンが集まる場にもなっている。同店では日本酒「天覧山」やグッズも販売している。

付近の寺社・文化施設編集

付近の山川編集

関連書物編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集