メインメニューを開く

天野エンザイム株式会社(あまのエンザイム、: Amano Enzyme inc.)は、医薬用・食品加工用の酵素材の製造を行う企業。かつては一般用医薬品の製造等も手掛け、主力製品としては、戦中から戦後にかけては浴用剤「帝大ハップ」・胃腸薬「帝大胃散」[2]、戦後からは胃腸薬「ビオヂアス」などがあった。東海地方において「ビオヂアス」のCMソング[3][4]は有名だった。

天野エンザイム株式会社
Amano Enzyme inc.
Amano Enzyme Headquarter Office 20141003.JPG
天野エンザイム本社(2014年10月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
460-0003
愛知県名古屋市中区1-2-7[1]
北緯35度10分20.5秒
東経136度53分38.1秒
座標: 北緯35度10分20.5秒 東経136度53分38.1秒
設立 1948年昭和23年)8月26日[1]
(天野製薬株式会社)
業種 医薬品
法人番号 7180001034007
事業内容 医薬用、食品・工業用、診断薬用酵素剤、医薬品、動物用医薬品、飼料添加物の製造ならびに販売[1]
代表者 代表取締役社長 天野源之[1]
資本金 390百万円[1]
売上高 169億3,500万円(2017年3月期)
従業員数 440名[1]
関係する人物 天野圓之助(創業者)
外部リンク http://www.amano-enzyme.co.jp/jp/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1899年明治32年) - 天野圓之助が配置薬業を創業[5]
  • 1928年昭和3年) - 後の天野製薬の基となる、天野慈善堂大薬房・天野慈善堂製薬所を設立。
  • 1948年(昭和23年) - 天野製薬設立[5]
  • 2000年平成12年) - 現社名に改称[5]
  • 2001年(平成13年) - 大和化成株式会社を子会社化[5]
  • 2006年(平成18年) - メキシコIGM社の全株式を取得し子会社化(現・アマノ・エンザイム・メキシコ)[5]
  • 2010年(平成22年) - 西春工場を名古屋工場に統合。
  • 2013年(平成25年) - 大和化成株式会社(現・滋賀工場)を合併[5]

事業所編集

スポンサー番組編集

一社提供

関連企業編集

  • アマノ・エンザイム・USA[7]
  • アマノ・エンザイム・ヨーロッパ[7]
  • アマノ・エンザイム・チャイナ[7]
  • アマノ・エンザイム・マニュファクチャリング・チャイナ[7]
  • アマノ・エンザイム・メキシコ[7]
  • 静岡生化学株式会社[7]
  • 天野商事株式会社[7] - かつてCMを展開していた一般用医薬品(風邪薬「ガノン」、ドリンク剤「天山精」、上述の胃腸薬「ビオヂアス」など)は、外部メーカーが製造の上、この会社を通じて発売されている。
  • 株式会社あまの創建[7]
  • 株式会社イメージファクトリー[7]
  • 株式会社アマノ[7]
  • カメラのアマノ株式会社[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 会社概要”. 天野エンザイム株式会社. 2015年3月10日閲覧。
  2. ^ 天野製薬株式会社「80年のあゆみ」編纂委員会 『80年の歩み』、1980年、P122-124
  3. ^ 『80年の歩み』によれば、オリジナルは1960年4月20日に録音。スタッフは以下のとおり。作詞-水木ひろし、作曲-桜井順、唄-中原美沙緒、バンド-リズムキング。
  4. ^ 現在でも、一部を英語詞に差し替えたうえ、ゴスペル風のアレンジになっているものの、平日のFM AICHIの日本時間正午過ぎ(12:00:14頃から)に聴取可能。ここでは社名の名義を「天野」のみとしている。理由は、同じビオヂアスブランドでも、商品により(主に市販製品)グループ会社の天野商事が発売しているものもあるため。なお、このゴスペル風アレンジバージョンの初出は、1990年代に放映した「ビオヂアス錠」のテレビCMである。
  5. ^ a b c d e f 会社沿革”. 天野エンザイム株式会社. 2015年3月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 所在地・問合せ先 国内”. 天野エンザイム株式会社. 2015年3月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k グループ会社情報”. 天野エンザイム株式会社. 2015年3月10日閲覧。

外部リンク編集