メインメニューを開く

天野 健太郎(あまの けんたろう、1971年5月6日 - 2018年11月12日[1])は、日本の台湾文学翻訳家。

あまの けんたろう
天野 健太郎
生誕 1971年5月6日
愛知県岡崎市
死没 (2018-11-12) 2018年11月12日(47歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都府立大学文学部国中文専攻
職業 翻訳家
公式サイト もっと台湾

目次

略歴編集

愛知県岡崎市生まれ。岡崎市立大樹寺小学校岡崎市立岩津中学校卒業。1990年、愛知県立岡崎高等学校卒業。1996年、京都府立大学文学部国中文専攻卒業。

1999年、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の映画『Hole-洞[2]を見たことがきっかけで台湾に目が向く。まずは中国語を習得するために、2000年より国立台湾師範大学国語中心、国立北京語言大学人文学院に入学[3]

帰国後は中国語通訳、会議通訳として活動。また、聞文堂LLC代表として台湾書籍を紹介する[4]。台湾書籍を日本語で紹介するウェブサイト「もっと台湾」を主宰[5]。2016年、呉明益の『歩道橋の魔術師』が日本翻訳大賞の最終候補となる。

2018年11月12日、膵臓がんのため死去。47歳没[1]

翻訳編集

  • 龍應台『台湾海峡一九四九』白水社 2012
  • 張妙如, 徐玫怡『交換日記』東洋出版 2013
  • 猫夫人『猫楽園』イースト・プレス 2013
  • 陳柔縉『日本統治時代の台湾 写真とエピソードで綴る1895〜1945』PHP研究所 2014
  • 呉明益『歩道橋の魔術師』(エクス・リブリス) 白水社 2015
  • 龍應台『父を見送る 家族、人生、台湾』白水社 2015
  • 猫夫人『店主は、猫 台湾の看板ニャンコたち』小栗山智共訳. WAVE出版 2016
  • 鄭鴻生『台湾少女、洋裁に出会う 母とミシンの60年』紀伊國屋書店 2016
  • ジミー・リャオ作・絵『星空』トゥーヴァージンズ 2017
  • 陳浩基『13・67』文藝春秋 2017
  • ジミー・リャオ 作『おなじ月をみて』ブロンズ新社 2018
  • 呉明益『自転車泥棒』文藝春秋、2018

脚注編集

  1. ^ a b 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家 毎日新聞、2018年11月14日
  2. ^ Hole-洞』の日本公開は1999年9月。
  3. ^ 天野健太郎. “台湾文学の謎”. 白水社. 2018年12月11日閲覧。
  4. ^ 『おなじ月をみて』著者紹介
  5. ^ このサイトについて―ごあいさつにかえて”. もっと台湾. 2018年12月11日閲覧。

外部リンク編集